【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局142軒の全リスト掲載/専門医療機関連携薬局は5軒/8月19日時点

【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局142軒の全リスト掲載/専門医療機関連携薬局は5軒/8月19日時点

【2021.09.13配信】東京都で地域連携薬局を取得した全142軒のリストを掲載する(8月19日時点)。なお、同日付けの専門医療機関連携薬局5軒。


 改正薬機法で8月1日から認定薬局(地域連携薬局と専門医療機関連携薬局)がスタートしている。東京都で8月19日時点で認定を取得した薬局は、以下の142軒だった(NO、施設名、所在地)。

1 アイン薬局月島店 中央区月島1-13-6
2 日本調剤 歌舞伎座タワー薬局 中央区銀座4-12-15
3 日本調剤 西新橋薬局 港区西新橋3-20-1
4 クオール薬局高輪店 港区高輪3-10-10
5 いるか田町薬局 港区芝5-27-5
6 クオール薬局古川橋店 港区南麻布2-10-19
7 日本調剤 六本木薬局 港区六本木6-1-20
8 日本調剤 御成門薬局 港区西新橋3-22-8
9 日本調剤 三田薬局 港区三田1-4-28
10 QOLサポート クオール薬局 田町店 港区芝5-27-6
11 ココカラファイン薬局曙橋店 新宿区住吉町10-9
12 アイセイ薬局 後楽園店 文京区小石川2-1-13
13 日本調剤湯島薬局 文京区湯島3-4-13
14 ケイ薬局 台東区浅草3-4-1
15 みすじ薬局 台東区三筋2-18-12
16 みどり薬局 台東区蔵前4-21-9
17 ゆうま薬局 台東区浅草橋5-10-12
18 アイン薬局 浅草店 台東区浅草2-29-14
19 永生薬局 台東区東上野2-22-10
20 桜木薬局 台東区上野桜木1-11-13
21 たんぽぽ薬局 墨田区墨田5-36-8
22 田辺薬局 墨田押上店 墨田区横川3-11-14
23 ひばり薬局 墨田区立花5-2-6
24 すずかぜ薬局 墨田区江東橋4-15-5
25 3丁目薬局 墨田区墨田3-41-15
26 とまと薬局 江東区大島6-9-11
27 のぞみ薬局 江東区亀戸6-13-3
28 日本調剤旗の台薬局 品川区旗の台1-3-1
29 ふたば薬局 品川区二葉4-14-10
30 不動前グリーンファーマシー薬局 品川区西五反田5-9-6
31 エール薬局 大井町店 品川区東大井5-14-15
32 クオール薬局大崎店 品川区大崎1-6-5
33 日本調剤池尻大橋薬局 目黒区大橋2-22-20
34 日本調剤都立大薬局 目黒区中根2-12-1
35 田辺薬局緑ヶ丘南店 目黒区緑が丘3-7-7
36 日本調剤山手薬局 目黒区大橋2-23-12
37 クオール薬局恵比寿店 目黒区三田1-11-1
38 日本調剤蒲田薬局 大田区南蒲田2-16-2
39 おおすみ調剤薬局 大田区北千束3-29-1
40 さくら坂薬局 大田区田園調布本町10-5
41 エース薬局 大森店 大田区中央6-25-11
42 エース在宅支援薬局 池上通り店 大田区中央6-28-2
43 アイン薬局 蒲田店 大田区南蒲田2-25-9
44 クオール薬局ちどり店 大田区千鳥2-39-6
45 日本調剤 蒲田中央薬局 大田区蒲田4-23-15
46 日本調剤 南久が原薬局 大田区南久が原2-8-3
47 ココカラファイン薬局砧店 世田谷区砧6-30-1
48 下宿薬局船橋店 世田谷区船橋1-30-3
49 下宿薬局桜丘店 世田谷区桜丘2-25-4
50 みずほ薬局上町店 世田谷区世田谷3-12-10
51 恵愛薬局経堂北口店 世田谷区経堂2-4-2
52 ファーコス薬局 用賀三丁目 世田谷区用賀3-8-16
53 クオール薬局奥沢店 世田谷区奥沢3-47-8
54 クオール薬局駒沢店 世田谷区駒沢2-2-17
55 薬局マツモトキヨシ 上野毛店 世田谷区上野毛1-19-1
56 アイン薬局池尻店 世田谷区池尻2-34-18
57 日本調剤千歳烏山薬局 世田谷区南烏山6-27-10
58 クオール薬局下高井戸店 世田谷区松原3-28-9
59 クオール薬局八幡山店 世田谷区八幡山3-34-2
60 薬局恵比寿ファーマシー 渋谷区恵比寿1-22-23
61 フラワー薬局 野方店 中野区野方5-3-1
62 フラワー薬局 東中野店 中野区東中野5-1-1
63 スギ薬局 中野駅北店 中野区新井1-1-5
64 グラム調剤薬局 中野店 中野区中野1-4-5
65 日本調剤南阿佐ヶ谷薬局 杉並区成田東4-38-19
66 はやし薬局 杉並区阿佐谷北1-31-12
67 みなみ薬局 杉並区浜田山2-21-15
68 セントラル薬局 永福 杉並区永福4-18-5
69 ナチュラルローソンクオール薬局 荻窪五丁目店 杉並区荻窪5-21-16
70 スギ薬局高井戸店 杉並区宮前1-20-29
71 スギ薬局 宮前四丁目店 杉並区宮前4-22-13
72 ホサカ薬局 豊島区南長崎1-25-25
73 アイセイ薬局千川店 豊島区要町3-39-5
74 薬局 風のガーデン 北区赤羽西1-22-15
75 ひのき薬局 北区神谷1-15-1
76 マエノ薬局 北区西が丘1-15-11
77 フラワー薬局 町屋駅前店 荒川区町屋1-1-8
78 ファーコス薬局 西尾久めぐみ 荒川区西尾久2-34-11
79 ヒルマ薬局小豆沢店 板橋区小豆沢2-17-1
80 みどり薬局 板橋区小豆沢1-9-14
81 坂下薬局 板橋区坂下1-26-13
82 すみれ薬局 板橋区高島平1-72-14-101
83 スギ薬局 志村坂下店 板橋区坂下1-21-14
84 りおん薬局 本店 板橋区蓮沼町24-14
85 南條薬局 板橋区宮本町50-9
86 日本調剤 練馬桜台薬局 練馬区桜台1-8-4
87 フラワー薬局中村橋駅前店 練馬区貫井1-7-28
88 アイン薬局 練馬店 練馬区高野台3-11-12
89 アイセイ薬局 大泉学園駅前店 練馬区東大泉5-40-24
90 クオール薬局練馬店 練馬区豊玉北5-32-4
91 クオール薬局南田中店 練馬区南田中2-8-16
92 西沢薬局 足立区中川4-1-1
93 西沢薬局中川店 足立区中川4-28-13
94 田辺薬局 足立江北店 足立区江北6-24-11
95 桜花薬局 足立区花畑5-13-2
96 なつめ薬局 足立区西新井5-42-7
97 クオール薬局竹の塚店 足立区竹の塚5-11-6
98 ウエルシア薬局足立竹の塚店 足立区竹の塚5-24-11
99 ミツワ薬局柴又四丁目店 葛飾区柴又4-6-12
100 スミレ薬局 葛飾区柴又4-15-18
101 ほしぞら薬局 葛飾区青戸5-18-10
102 どらっぐぱぱす薬局奥戸店 葛飾区奥戸3-22-9
103 あさひ調剤薬局亀有店 葛飾区亀有2-18-27
104 吉田薬局 葛飾区新小岩2-30-1
105 日本調剤南小岩薬局 江戸川区南小岩7-27-14
106 モリタ薬局 江戸川区春江町2-48-14
107 アップル薬局 小岩店 江戸川区西小岩1-23-2
108 ぱぱす薬局 船堀3丁目店 江戸川区船堀3-7-22
109 クオール薬局北葛西店 江戸川区北葛西5-15-2
110 スギ薬局 江戸川瑞江店 江戸川区瑞江4-29-10
111 なごみ薬局 江戸川区中葛西5-41-12
112 日本調剤 大和田薬局 八王子市大和田町7-18-6
113 さくら薬局 八王子明神店 八王子市明神町4-2-7
114 アイン薬局 元八王子店 八王子市大楽寺町477-4
115 アイン薬局 八王子店 八王子市大谷町302
116 日本調剤 明神町薬局 八王子市明神町4-3-9
117 北野調剤薬局高尾店 八王子市裏高尾町264-3
118 錦町薬局 立川市錦町1-17-15
119 日本調剤 三鷹台薬局 三鷹市井の頭2-1-17-102
120 スギ薬局 三鷹深大寺店 三鷹市深大寺1-14-36
121 ウエルシア薬局ラーレ青梅新町店 青梅市新町9-2016-14
122 オレンジ薬局府中店 府中市宮西町1-1-3
123 フラワー薬局府中寿町店 府中市寿町2-4-42
124 ココカラファイン薬局 昭和店 昭島市昭和町5-15-17
125 ココカラファイン薬局 町田店 町田市原町田3-2-1
126 あさひ調剤薬局 町田店 町田市鶴間4-4-3
127 健ナビ薬樹薬局 成瀬 町田市南成瀬1-8-21
128 薬樹薬局 忠生 町田市忠生2-29-1
129 日本調剤 花小金井薬局 小平市花小金井6-1-1
130 富士見町調剤薬局 東村山市富士見町5-6-21
131 ホッタ晴信堂薬局 福生市本町142
132 薬樹薬局 野川 狛江市西野川1-15-19
133 クオール薬局狛江店 狛江市中和泉1-1-1
134 調剤薬局ナンガイ 東大和市南街6-1-1
135 エース薬局 東大和市上北台1-2-14
136 日本調剤 ひろ薬局 清瀬市元町1-13-29
137 明治薬科大学附属薬局 東久留米市本町1-3-6
138 ココカラファイン薬局 多摩センター店 多摩市落合1-32-3
139 多摩センターやまざくら薬局 多摩市鶴牧1-22-2
140 フラワー薬局保谷駅南口店 西東京市東町3-14-24
141 田無本町調剤薬局 西東京市田無町4-25-5
142 薬局ホームケアファーマシー田無店 西東京市田無町4-24-18

 なお、同日付けの専門医療機関連携薬局は以下の5軒(NO、施設名、所在地)。
1 アイン薬局 西新宿店 新宿区西新宿6-5-1
2 ファーコス薬局 新宿 新宿区大久保2-18-12
3 すばる薬局 品川区南大井3-16-11
4 アイン薬局 板橋店 板橋区稲荷台10-8
5 さくら薬局 本店 板橋区大谷口上町28-11 

この記事のライター

関連する投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。この中で日本医師会常任理事の城守国斗氏は認定薬局の推進に理解を示した上で、薬局数の収れんの必要性を指摘。「かかりつけを概念に、適切な薬局数に収れんすることができるのか、大きな意味での医療政策を中医協以外の場でも国でしっかり検討していただきたい」と要望した。


【健康サポート薬局の届け出急増か】日本保険薬局協会会員、2025年に2977薬局が届出見込み

【健康サポート薬局の届け出急増か】日本保険薬局協会会員、2025年に2977薬局が届出見込み

【2021.10.28配信】日本保険薬局協会は10月28日に定例会見を開き、「健康サポート薬局及び認定薬局に関する調査報告書」を説明した。その中で、健康サポート薬局に関して、2025年には回答企業の2977薬局、47.9%が届け出を計画しているとした。地域連携薬局についても、回答企業では2025年には4748薬局、74.3%が認定を計画しているとした。特に全国の健康サポート薬局は今年6月時点で2608軒であり、ここ数年横ばいとなっていることから、同協会の計画が進むのあれば2025年に倍増近い増加を見込むことになる。首藤正一会長は、健康サポート薬局増加の計画について、「予防への貢献意識が高まっている」と話した。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【太田薬事企画官が講演】「調剤の一部、重複投薬チェックは機器ができる世の中に」「薬剤師でないとできないことは何か」

【太田薬事企画官が講演】「調剤の一部、重複投薬チェックは機器ができる世の中に」「薬剤師でないとできないことは何か」

【2021.10.13配信】厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官の太田美紀氏は都内で講演し、「調剤の一部、重複投薬や併用禁忌の確認は機器ができる世の中になっていく。薬剤師でないとできないことは何か。自己研鑽に努めて専門性を高めていくことが必要」と話した。また地域連携薬局や専門医療機関連携薬局などの認定薬局について、「地域のほかの薬局を支えて引っ張っていただくことを期待している」と話した。次世代型電子版お薬手帳については、「一般用医薬品も含めた一元的管理ができるよう検討を進めている」と指摘した。RX Japan社が主催する「次世代薬局 EXPO 東京」(医療と介護の総合展 東京)で講演したもの。


最新の投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、敷地内薬局への報酬引き下げの方向が示された。敷地内薬局への報酬を想定している特別調剤基本料に関して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、算定している薬局の調剤料・薬剤料の減算のほか、薬学管理料加算の評価引き下げを求めた。さらには特別調剤基本料を算定する薬局を持っている同一グループに対し、「何かしらの評価を下げることも方策」とした。提案が実現すれば、敷地内薬局1店舗への影響では済まず、グループ全体への減収につながる可能性がある。


【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。この中で日本医師会常任理事の城守国斗氏は認定薬局の推進に理解を示した上で、薬局数の収れんの必要性を指摘。「かかりつけを概念に、適切な薬局数に収れんすることができるのか、大きな意味での医療政策を中医協以外の場でも国でしっかり検討していただきたい」と要望した。


【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【2021.11.25配信】日本医薬品登録販売者協会は11月24日、日本チェーンドラッグストア協会などと共同で開いている定例会見の中で活動状況を報告した。10月29日には「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」を作成・公表したとし、「セルフメディケーションを適切に支援する役割」の推進に注力していく考えを示した。厚労省や関係団体、アカデミアなどとの情報交換も活発に行っていることも報告した。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事