【薬局のクラウド型ピッキングアプリ】ファルモ、シンプル・低価格の「EveryPick」リリース/月額定価 8000 円

【薬局のクラウド型ピッキングアプリ】ファルモ、シンプル・低価格の「EveryPick」リリース/月額定価 8000 円

【2021.06.23配信】薬局支援システム開発などを手掛けるファルモ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:廣井 嘉栄氏)は、薬局薬剤師の業務効率化を図るためのクラウド型ピッキングアプリである「EveryPick」を 6 月 21 日にリリースした。


 ファルモが発売を開始した「EveryPick」は、クラウド型ピッキングアプリ。費用面の導入ハードルを下げるべく、導入初期費用及び月額利用料を業界水準より安価にし、必要な機能に特化した。

 導入により、調剤過誤を防ぎ、患者により安全な医療を届けることにつながるとしている。同時に、薬剤師の対物業務における負担を減らし、これまで以上に対人業務に集中することが可能になることを目指す。
 「EveryPick」のリリースを記念し、先着で月額費用を 6 ヶ月無料で利用できる「論より証拠、まずは実践キャンペーン」も実施する。

 クラウド型ピッキングアプリ「EveryPick」は、医薬品のピッキングミスを防ぎ、薬剤師・患者へ安心安全を提供する。手持ちのスマートフォンのカメラで、取り揃えた薬の GTIN コードを読み取り、処方内容と異なる薬の場合はエラー表示で知らせる。処方せん入力中のピッキング、入力後のピッキング、どちらの運用もカバー可能。
 店舗毎のライセンス購入のため、1 店舗に何台導入しても追加費用がかからず、端末代金も不要のため低コストで利用可能。スマートフォン等の端末および wi-fi 環境はファルモから提供しないため、店舗ごとに用意する必要がある。
 投薬前に写真でエビデンスを残すことができ、患者さんからの問い合わせ等にもスムーズに対応可能。
 オリジナル JAN コードを作成でき、予製剤作成や、半錠にも対応可能。作成したバーコードは印刷もできる。
 データの管理をクラウド上で行うため、本部でも薬局でもリアルタイムで調剤情報、監査情報を確認可能。薬局側はアップデート作業が不要で、追加更新費用もなく最新版を利用可能。バックアップも不要なので、災害時でも物理的なデータ損害の心配がない。

詳細はウェブサイトで確認できる。
https://pharumo.jp/everypick/

 同社は開発の背景に、薬局薬剤師の対物から対人への業務シフトを挙げる。
 2020 年 9 月より薬剤師による投薬後のフォローが義務化され、薬を渡すことを主体とした対物業務からより患者さんとの関わり度合いの高い対人業務へのシフトが求められている。また、コロナ禍が続く中で遠隔服薬指導実施が前倒しされるなど、薬局における対人業務の在り方も多様な形になりつつあり、多くの時間がとられるようになっているため、対物業務の効率化が大きな課題になっている。
 薬剤師には、薬剤の渡し間違いを防ぐため、薬剤の種類や数量に間違いがないかを確認する監査業務が義務付けられているが、厚労省の調査によると、調剤監査システムを未導入の薬局は全体の半数以上(※1)であり、多くの薬局で一つ一つ手作業で薬の監査を実施している現状がある。一方で、ピッキング調剤監査システムの導入によって「作業効率が格段に上がった」と考える薬剤師も少なくないとされる調査結果もある。
 導入による効果が大きいにも関わらず導入率が高くない原因には、導入初期費用や月額利用料、操作性のハードルなどがある。ファルモのクラウド型ピッキングアプリ「EveryPick」は、導入初期費用及び月額利用料を業界水準より安価にし、低コストで調剤業務の効率化を図れるよう開発をした。また、先行導入企業からのヒアリングにより、本当に必要な機能に特化し、シンプルでかつ操作性にすぐれた仕様にすることでシステム導入のハードルを下げている。これにより、調剤過誤を防ぎ医療安全に貢献するとともに、薬剤師の対物業務の負担を減らし、より対人業務に時間をかけられるよう貢献をしていく方針。
 同社は、「今後も薬局薬剤師の業務を支援すべく、さらなる機能追加を予定しています」としている。
※1 厚生労働省『かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書 別添 1 アンケート調査結果』平成 31 年
https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf

 「論より証拠、まずは実践キャンペーン詳細」は、先着 50 社限定で月額費用(定価 8,000 円)を 6 ヶ月無料で利用できるもの。キャンペーン期間はリリース開始から、50 社契約完了、または 2021 年 7 月末日まで。申込方法は、ファルモお問い合わせフォームまで。
https://pharumo.jp/contact/
 申込・導入の流れは、①問い合わせ、②ファルもより顧客要望のヒアリング、③ファルモより最適なサービスの提案、④申込(契約)、⑤マニュアルを参考にシステム導入作業(半日程度)となる。
 利用は1 年以上となる。また、システム改善のため、仕様についてのアンケートへ協力依頼がある場合がある。

 ファルモは「テクノロジーと人材で薬剤師の可能性に挑戦する」をミッションとして 2012 年に創業。クラウド型調剤情報ハブシステムの「ファルモクラウド」を活用した電子お薬手帳や調剤薬局支援システム「Pharumo every」、地域医療連携などの薬局 ITC 事業に加え、人材紹介や薬学系マッチングなどの人財事業、薬剤師シェアリングサービスなどの教育事業を柱に薬局・薬剤師やそれを取り巻く医療課題を解決するための多角的なソリューションを提供している。
https://pharumo.jp/

この記事のライター

関連する投稿


日本調剤、オンライン服薬指導システムを自社開発。患者情報と連携もメリット

日本調剤、オンライン服薬指導システムを自社開発。患者情報と連携もメリット

【2020.09.01配信】日本調剤は、「日本調剤 オンライン薬局サービス」と銘打った、オンライン服薬指導サービスを自社開発し、9月1日から提供を開始する。9月1日から改正薬機法でオンライン服薬指導が可能になったタイミングに合わせたもの。予約機能・ビデオ通話機能を備える。これまでオンライン服薬指導に関わるシステムに関しては、IT企業が開発したものを医療機関側が採用、それと同じものを薬局が活用するという流れが少なくなかったが、同社の取り組みは薬局側からシステム活用を促進する流れといえそうだ。患者情報と連携できることもメリットの一つといえる。


木村情報技術、セルフメディケーション研修で新会社設立、星薬亀井教授ら助言

木村情報技術、セルフメディケーション研修で新会社設立、星薬亀井教授ら助言

【2020.07.15配信】木村情報技術株式会社(佐賀県佐賀市、代表取締役 木村隆夫氏)は子会社「セルメドジャパン株式会社(東京都中央区、代表取締役 梶川英之氏)」を設立し、2020年7月15日より、業務を開始した。保険薬局、ドラッグストアなどに向けた、セルフメディケーション推進のための研修システム提供・運用支援事業を行っていく。


富士薬品、クレジット決済システム不具合で重複取引のケースをお詫び

富士薬品、クレジット決済システム不具合で重複取引のケースをお詫び

【2020.06.29配信】富士薬品は同社ドラッグストアグループにて、クレジット決済システム不具合のため、重複取引が発生した場合があることに関して、お詫びを告知した。


最新の投稿


【スギホールディングス人事】スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)

【スギホールディングス人事】スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)

【2022.01.24配信】スギホールディングスは1月24日開催の取締役会において、子会社であるスギ薬局の役員人事を決定した。スギ薬局の営業本部副本部長に澤田則子氏(現ビューティ統括部 統括部長)が就く。


【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【2022.01.24配信】LINE を活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川勇介氏)は、経済産業省 令和 3 年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に採択された取り組みとして、社会福祉法人荒川区社会福祉協議会の後援のもと「看護師と薬剤師が答える!妊娠前・妊活中に知っておきたい話」を2月19日に開催する。


【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【2022.01.24配信】株式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:山本慎一郎氏)は、カスミの新業態店舗「BLANDE」1号店をx茨城県つくば市にオープンする。オープンは1月28日(金)。食と健康美をテーマとした新たな売り場展開で、調剤提供などでウエルシア薬局が出店する。


【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に会見を開き、診療報酬改定(調剤報酬改定)に関するパブリックコメントに、協会としての見解を提出したことを報告した。特に調剤基本料に関して、これまで記載のあった「集中率」に関する記載がないことに強い抵抗感を示し、「面分業の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならない」としている。


【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日、定例会見を開いた。この中で、政府が進める「ワクチン・検査パッケージ」に関わる抗原検査やPCR検査において、希望者が限られた店舗に殺到している状況を受け、「店舗販売業でも担えるよう内閣官房に要望している」と明かした。希望者に応えられるよう、拠点数を増やしたい考えだ。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事