【厚労省】購入済み医療用検査キットは令和7年3月31日まで販売可能/「新型コロナウイルス感染症の特例的な財 政支援の終了等に伴う関係事務連絡の廃止で

【厚労省】購入済み医療用検査キットは令和7年3月31日まで販売可能/「新型コロナウイルス感染症の特例的な財 政支援の終了等に伴う関係事務連絡の廃止で

【2024.03.26配信】厚生労働省は3月25日、事務連絡「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う薬局及び医薬品販売業に係る特例的措置関係事務連絡の廃止について」を発出した。


 事務連絡は以下の通り。

■新型コロナウイルスの感染拡大に伴う薬局及び医薬品販売業に係る特例的措置関係事務連絡の廃止について

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた医療提供体制については、「新型コロナウイルス感染症の令和6年4月以降の医療提供体制及び公費支援等について」(令和6年3月5日付け事務連絡)において、本年4月より、通常の医療提供体制に移行する旨をお示ししたところです。
 これを踏まえ、今般、新型コロナウイルス感染症への対応としてお示ししていた各種の特例的措置の廃止について、「新型コロナウイルス感染症の特例的な財政支援の終了等に伴う関係事務連絡の廃止について(周知)」(令和6年3月25日付け事務連絡)によりお知らせしています。当該事務連絡の内容のうち、薬局及び医薬品販売業に係る特例的措置の廃止について、具体的な取扱いは下記のとおりですので、御了知いただくとともに、貴管内の薬局、医薬品販売業者への周知方よろしくお願い申し上げます。



 以下に掲げる事務連絡については、令和6年4月1日付けで廃止すること。ただし、⑤から⑦までの事務連絡に関し、薬局開設者が令和6年3月31日以前に購入した医療用抗原検査キットについては、令和7年3月31日までの間、引き続き当該事務連絡の例により取り扱うことができること。


① 「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月 10 日付け厚生労働省医政局医事課、医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

② 「歯科診療における新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月 24 日付け厚生労働省医政局歯科保健課、医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

③ 「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いに関するQ&A」(令和2年5月1日付け厚生労働省医政局医事課、医薬・生活衛生局総務課事務連絡(令和4年9月 30 日最終改正))

④ 「新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた薬局及び医薬品の販売業に係る取扱いについて」(令和2年4月 24 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

⑤ 「新型コロナウイルス感染症流行下における薬局での医療用抗原検査キットの取扱いについて」(令和3年9月 27 日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部、医薬・生活衛生局総務課連名事務連絡(令和4年3月 17 日一部改正))

⑥ 「新型コロナウイルス感染症流行下における薬局での医療用抗原定性検査キットの取扱いに関する留意事項について」(令和3年 11 月 19 日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部、医薬・生活衛生局総務課、監視指導・麻薬対策課連名事務連絡)

⑦ 「新型コロナウイルス感染症及び季節性インフルエンザ同時期流行下における薬局での医療用抗原定性検査キットの取扱いについて」(令和4年 12 月9日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部、医薬・生活衛生局総務課、監視指導・麻薬対策課連名事務連絡)

⑧ 「新型コロナウイルス感染症・季節性インフルエンザ同時期流行下における新型コロナウイルスに係る抗原定性検査キットの販売対応の強化について」(令和4年 12 月 27 日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部・医薬・生活衛生局総務課連名事務連絡)

⑨ 「抗原簡易キットの販売先について」(令和3年6月 28 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

⑩ 「抗原簡易キットの販売先について(その2)」(令和3年 10 月 15 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

⑪ 「抗原簡易キットの販売先について(その3)」(令和3年 11 月 19 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

⑫ 「抗原簡易キットの販売先について(その4)」(令和4年1月 14 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

⑬ 「抗原簡易キットの販売先について(その5)」(令和4年1月 27 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)

以上

<編集部注>
該当の事務連絡は厚労省の下記HPで確認できる。
https://www.mhlw.go.jp/content/001233393.pdf

「薬局・薬剤師に関する情報」のうち、中段やや下の「新型コロナウイルス感染症を踏まえた時限的・特例的取り扱い」の項目に掲載
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakkyoku_yakuzai/index.html

この記事のライター

最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【2024.05.31配信】厚生労働省は5月30日、令和6年度調剤報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その6)」を発出した。


【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【2024.05.30配信】日本医薬品卸売業連合会は5月30日に通常総会を開いた。


【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【2024.05.30配信】日本薬剤師会は5月29日、都道府県会長協議会を開催した。この中で、長野県薬剤師会は県薬非会員である飯島裕也氏(上田薬剤師会)の次期理事入りに対して、一部報道があった通り、反対意見を表明。次期会長候補である岩月進氏に見解を求める場面があった。


【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催。その中で令和7年度予算要望の内容を説明した。


【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング