【日本医師会・松本吉郎会長】語った“かかりつけ医”のこと

【日本医師会・松本吉郎会長】語った“かかりつけ医”のこと

【2022.11.30配信】厚労省が法制化の検討を開始し、注目が集まっている「かかりつけ医」。こうした中、日本医師会(日医)会長の松本吉郎氏は11月22日、日本医学ジャーナリスト協会の月例会で講演し、1つの診療所・医師でなく、連携によってかかりつけ医機能を発揮していくという日医の基本的な考え方を説明した。松本氏は、日本と海外の違いについて、「医療の成り立ち」や「診療所の装備の違い」「どちらかというと専門性を見極める日本の医師教育」などを挙げ、「日本においては海外にあるような家庭医制度が理想だとは思っていない」とも述べた。


 松本氏は講演の中で、現執行部の方針を説明。特に地域医師会から都道府県医師会、日本医師会に意見を出してもらって議論をしていく「地域から中央へ」の方針を強調。「場合によっては、その意見の中から国等へ提言をしていく」とした。そのためにも、「一致団結する強い医師会が重要」と語った。現場からの情報収集と連携、組織力強化に取り組むとした。

 加えて、政府・与党との“日頃から”のコミュニケーションが「非常に大事」と話し、「普段からの付き合いの中で私どもの考えを正確にお伝えして理解を賜る、あるいは逆に政治家の先生方の考えを傾聴し、それを日本医師会としてどう考えていくかを心掛けることが一番大事だと思っている」と話した。

 自身の座右の銘として、「拈華微笑(ねんげびしょう)」を紹介。「言葉を用いずに心から心へと伝える妙境のたとえという仏教用語だ。人と人との付き合いを大事にしたいと考えている」(松本氏)。埼玉県在住の書道家・金田石城(かねだ・せきじょう)氏に書いてもらったという額縁入りの書を写真で紹介もしていた。

 注目が集まっている「かかりつけ医」に関しては、1つの診療所・医師でなく、連携によってかかりつけ医機能を発揮していくとの考えを説明。情報提供に関しては、「医療機能情報提供制度を国民の方々に分かりやすい内容に改め、国民がこの制度を活用して適切な医療機関を自ら選択できるよう支援を行うということが大事だと思う」として、拡充の重要性を指摘した。

 一方、日本のかかりつけ医に関しては、制度化の観点だけでなく、海外でみられるような総合家庭医としての研修内容との違いを指摘する声がある。記者からこの観点へのコメントを求められると、松本氏は、「日本では医療の成り立ちが違う」「イギリスの家庭医と日本の内科的な診療所では装備も違う」「教育も日本はどちらかというと専門性を見極める」などとし、「日本で海外の家庭医制度が理想だとは思っていない」と述べた。1つの診療所・医師でなく、連携によってかかりつけ医機能を発揮していこうというのが日医の基本的な考え方だ。松本氏は「今回の全世代型社会保障構築会議の中でもかかりつけは複数であっていいのではないかという議論になっている」とした。
 総合診療を担う医師の育成に関しては「1つの課題だとは思っている。これについては支援をしてきたいと思っている」とした。ただ、専門的な領域から総合診療を学ぶ医師や、逆に総合診療から専門領域を学ぶ医師など、「いろいろな医師の育成や役割があってよいのではないか」とし、「総合診療医がすべてを担うとは思っていない」と述べた。

 現行の省令では、かかりつけ医は「身近な地域における日常的な医療の提供や健康管理に関する相談等を行う機能」と定義されている。このうち、「健康管理に関する相談」について、診療報酬上の提案をしていく可能性はあるか、との質問が記者から出ると、松本氏は「大変大きな課題だと思っている。いまの診療報酬は全く病気になっていない人が受診するのは難しい。そういう場合は診療報酬以外の対応ができないかということもこれから議論していくべきだと思っている」と述べた。

 在宅医療の拡充に関しては、「今後も日本医師会としてしっかり進める」とした上で、連携の必要を強調。「1つの医療機関で24時間・365日訪問診療することは不可能。連携をどうするか。例えば在宅支援診療所や在宅医療を支援する病院としっかり連携を進める、あるいは医療機関同士でグルーピングをして対応する。好事例を全国に進める。そういったことは当然、これから取り組んでいかなければならない」と述べた。

この記事のライター

関連するキーワード


日本医師会 松本吉郎

最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング