【東京都薬剤師会】2回目となる薬学生向けイベント開催/「楽しかった」薬学生の笑顔キラリ

【東京都薬剤師会】2回目となる薬学生向けイベント開催/「楽しかった」薬学生の笑顔キラリ

【2022.11.04配信】東京都薬剤師会は10月29日(土)に、薬学生向けイベント「薬剤師のリアルを聴いてみよう!」を開催した。都内在住、もしくは都内薬学部に通う薬学生を対象にしたもので、当日は約30人の薬学生が集まった。7月2日の開催に続き、2回目となる開催となったが、より薬学生同士の会話を重視した構成となっていた。参加した薬学生からは「自分以外の意見が聞けてとても参考になった」と高い評価の声が聞かれた。「楽しかった」と感想を話す薬学生の笑顔からは、「薬学生のコミュニティづくりに貢献する」との1つの都薬の所期の目標が達成されたことをうかがわせた。


 東京都薬剤師会(都薬)は薬学生向けイベントを開催する意図として、大きく2つの柱があるとの考えを示していた。
 1つは地域の薬局を知ってもらうことだ。都薬会長の永田泰造氏は、地域医療に貢献している薬局に就職したいとの薬学生の関心が高まっている一方で、情報伝達の場が限られていることに課題があるとの考えを示していた。また、小規模の地域の薬局の就職に向けては、大規模薬局への就職に比較して「同期の友人ができない」との声があることも触れていた。
 こうしたことを踏まえ、まずは薬学生同士のコミュニティづくりに都薬も貢献していくことに意味があるとの考えから薬学生向けイベント実施に踏み切ったもの。

 こうしたコミュニティづくりを通して、自然と都薬の活動、薬剤師会とは何かについて知ってもらうことにつながり、その中で将来、薬剤師会を支える人材が育ってほしいとの思いもある。これが2つ目の目的である。

 7月2日の第1回開催も好評を博し、今回、2回目の実施に至ったもの。

 2回目となった今回は、前回に比べて、より薬学生同士の会話を重視したものとなっていた。

 前半は「ワールドカフェ」という手法を取り入れ、薬学生同士の会話となった。
 ワールドカフェは参加者全員が話すことを重視している手法で、5人ずつ、6テーブル設けられた会場では、時間を区切って、テーブルを移動する形で、集まった薬学生同士が参加者すべてと会話できるような機会を設ける形となった。

 後半は都薬の若手人材も含めた会員委員会などの薬剤師が入り、コミュニケーションを図った。

 それぞれのテーブルに1人は固定的な薬学生がおり、最後に報告会を行った。

 報告会では、今後、自分たちが目指すことについて、「薬局をつくりたい」「薬剤師を輝かせる仕事に就きたい」などの声があったことなどが紹介された。

 課題として、「処方箋がないと薬局に入りづらい」ことが挙げられた班もあり、調剤だけでなく、OTC薬のほか、アロマなど、薬剤師が選んだ商品を薬局に置くことなどにも注力していきたいという声も聴かれた。
 また、リフィルの処方箋によって薬局薬剤師の仕事が変化していくのではないかとの声も聞かれた。

 そのほか、“アマゾン薬局”の報道や「お薬手帳のアプリ」など、最近の話題について話し合われた班もあった。
 
 中には「かかりつけ薬剤師は実際に機能しているのか」と都薬メンバーに質問する薬学生もいた。
 都薬メンバーは、現場の課題を伝えつつ、「かかりつけは患者さんから、“あなたになってほしい”と依頼されるのが本来の姿ではないかと思っている。そのためには何が必要なのか考える必要があるのではないか」と率直な意見が交わされていた。

 報道の面からは後発医薬品の供給問題を見聞きする学生も多かったようで、「薬剤師として何ができるのか」との質問が出ていた。都薬メンバーからは、「ほかの薬局と協力すること」 「医師との連携が必要なこと」などが指摘されていた。一方、実習に行っている薬局で近隣の処方医と代替薬について相談する場に参画できた薬学生がいたほか、ピッキングや座学のようなことに終始していたとの薬学生の声があり、実習に行く薬局の実情の差が、薬学生に与える影響についても問題提起されていた。

 マイナンバーの保険証利用や電子処方箋など、医療DXによって「今後、薬剤師がどういう役割を果たしていけるのか」との投げかけもあった。

 一方、現実的な面では“就活”に関する情報交換も薬学生間で行われたようで、これも好評だった。

 閉会にあたっては都薬副会長の髙橋正夫氏が挨拶。
 自身が東日本大震災の支援に行った際に、津波でインフラが失われた場で改めて「薬の供給をどうするのかの時に、本当に薬剤師が必要なんだと実感した」との経験を紹介していた。
 その上で、薬剤師は国家資格であり、法律で「薬剤師は何をしなさい」と決められるものである一方、薬剤師が何をすべきかは現場から提案することが重要であるとの考えを表明。
 法律で現場が考えている薬剤師像が全否定される可能性さえあることに触れ、「本来はそうではなくて、若い薬剤師の方も含めて、本来はこうあるべきだと国に言い続けていかないといけない」と語っていた。そのために政治の力も必要であるとし、「自分たちの将来のために頑張ってほしい」と薬学生にメッセージを送っていた。

編集部コメント

 多くの薬局を取り巻く報道を見聞きしている薬学生。しかし、本当に現場で働いている薬剤師がそれらの報道をどのように感じ、これからどのような働きかけが必要だと考えているのか、薬学生が知る機会は必ずしも多くはないのではないか。そういう意味では都薬が踏み出した薬学生イベントは、極めて意味のあるものだと感じる。

 編集部では開催後に参加した薬学生に当日の感想を聞いて回ったが、「自分以外の意見が聞けてとても良かった」「楽しかった」など、高い評価の声が聞かれた。
 印象的なのは薬学生の満足した笑顔。主催した都薬委員会メンバーには若手が多いこともあり、会場はかしこまった雰囲気ではなく、笑い声の響く終始、和やかな雰囲気だった。
 「薬学生のコミュニティづくりにも貢献する」。薬学生のこの笑顔からは都薬の所期の目的が達成されたことがうかがえた。そして、それを契機に薬剤師会や社会に出てからの薬剤師職能について考えるきっかけになったのではないだろうか。

この記事のライター

最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング