【第108回薬剤師国家試験の施行】試験日決定! 薬学生、受験生へのメッセージ/出題委員を分析

【第108回薬剤師国家試験の施行】試験日決定! 薬学生、受験生へのメッセージ/出題委員を分析

【2022.09.02配信】厚生労働省は8月31日、第108回薬剤師国家試験の施行を告知し、試験日が令和5年2月18日(土曜日)及び 同月19日(日曜日)であることを公表した。当メディアでは、薬剤師国家試験予備校を運営する株式会社Medisere(メディセレ)社長の児島惠美子氏に薬学生、受験生へのメッセージを寄稿いただいた。発表された出題委員の総勢84人では、うち新任20人と新任が多め(昨年度17人)で、特に薬理・治療・実務に新任が多いと分析している。


 こんにちは。メディセレのしゃっちょう児島惠美子です。

 第108回薬剤師国家試験の日程が2月18日(土)・19日(日)と発表されました。
 いよいよ本格的に勉強計画を立てなければいけません。

 出題委員も発表されました(https://www.medisere.co.jp/yakuzaishi_kakko/108_shikeniin/)。

 総勢84人。うち新任20人と新任が多め(昨年度17人)で、特に薬理・治療・実務に新任が多いです。

 一方で、衛生は新任の出題委員はゼロです。
 変わらずに大切な事と進歩する医療の融合が国家試験ですので、出題委員の変遷でもそれが感じられます。


 それらを踏まえて、第108回国試受験生が必ず押さえないといけないことは、過去問最低5年分(出題委員は任期5年)です。これで『変わらずに大切な事』を学びましょう。

 出題委員からのメッセージを受け取りましょう。特に今回、衛生は去年の問題分析をしましょう。

 なにより国試合格戦略は『正答率60%以上の問題を確実に取る事』です。メディセレ自己採点分析結果を見ると、毎年合格ラインより正答率60%以上の問題の方が多いです。
 ゆえに、知識の沼にはまって、難しい問題に時間を割くのではなく、難しくない問題を落とさない事が必勝法です。

 どの科目もまんべんなく取れる事が理想です。穴を作らない事です。

 その為に使うツールは模試です。模試で自分の穴(弱点)を見つけて、そこを埋める勉強をすることです。
 更に問題ごとの正答率を見て、みんなが正解して自分が間違えている問題を抽出しましょう。それこそがあなたがやるべき所です。

 何点とったかよりも正答率が高いのに自分は間違えた問題数を減らす事が大切だったりします。また同じ予備校の模試を何度も受けるより、違う予備校の模試も受けて、違う視点からのチェックが大切です。出題委員も視点が違うのですから。

 今はまだいくらでも間違えてよいですよ。間違いから学びましょう!本番で合格ラインを超えればよいのですから。
今、間違えてラッキーと思い、確実な知識を増やしていきましょう。

株式会社Medisere(メディセレ) 代表取締役社長 児島惠美子氏

この記事のライター

最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング