【あゆみ製薬】「カロナール錠200」等、限定出荷を公表/代替品目の調整で公表遅れを謝罪

【あゆみ製薬】「カロナール錠200」等、限定出荷を公表/代替品目の調整で公表遅れを謝罪

【2022.07.29配信】あゆみ製薬は同社ホームページで、「カロナール錠200」等を限定出荷とすることを公表した。厚労省との代替品目の調整等で公表が遅れたことを謝罪している。


シロップ剤などでは代替品の言及避ける

 同社では、今回のカロナール錠限定出荷の公表が遅れたことについて、「当初、医薬品卸様へのご案内と同時に医療関係者様へのご案内を準備しておりましたが、厚労省より代替品についてのご指導を受け調整に時間を要すこととなった」と説明。「医療関係者の皆様にはご迷惑をお掛け致しました事重ねてお詫び申し上げます」と謝罪している。 

 新型コロナウイルス感染症「第7波」の影響等により、想定を大幅に超える需要が継続し、感染症の動向を予測することが困難な上、現在の状況が継続すれば、安定供給に支障を来すことが判明したため、供給調整に至ったとしている。速やかに解除できるよう、「安定供給体制の確保と市場の安定化に向けて努力を尽くしてまいります」としている。

 カロナールの供給調整は以下の通り。

■カロナール錠 200、300、500 限定出荷
 当面の間、欠品および在庫偏在を回避するため特約店に対して出荷数割当運用を実施する。
・出荷量の状況 製造販売業者の対応状況
A.出荷量通常:これまでの自社出荷量又は予定出荷量の概ね 100%以上の出荷状況
④ 限定出荷(その他):一過性需要過多、全ての受注に対応できない状況
・限定出荷期間; 2022 年7月 27 日 ~ 未定

 なお、代替品目については「疾患や症状に応じた代替品の処方」を依頼している。
・厚生労働省 新型コロナウイルスに関する Q&A(医療機関・検査機関の方向け)
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00004.html#Q2
2)
・厚生労働省・新型コロナワクチン Q&A
(https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0007.html)


■カロナール細粒 20% 出荷停止、カロナール細粒 50% 限定出荷
出荷量の状況 製造販売業者の対応状況
<カロナール細粒 20%>
D.出荷停止:市場に出荷していない状況
<カロナール細粒 50%>
A.出荷量通常:これまでの自社出荷量又は予定出荷量の概ね 100%以上の出荷状況
④ 限定出荷(その他):一過性需要過多にて、全ての受注に対応できない状況
・出荷停止・限定出荷期間; 2022 年7月 29 日 ~ 未定

 なお、代替品については、「今後関係学会より、代替品についてご助言・ご指導賜り次第、改めてお知らせいたします」としている。


■カロナール原末、カロナール坐剤小児用 50、100、200、400 限定出荷
・出荷量の状況 製造販売業者の対応状況
A.出荷量通常:これまでの自社出荷量又は予定出荷量の概ね 100%以上の出荷状況
④ 限定出荷(その他):一過性需要過多にて、全ての受注に対応できない状況
・限定出荷期間; 2022 年7月 29 日 ~ 未定

 なお、代替品については、「今後関係学会より、代替品についてご助言・ご指導賜り次第、改めてお知らせいたします」としている。


■カロナールシロップ 2% 出荷停止
・出荷量の状況 製造販売業者の対応状況
D.出荷停止:市場に出荷していない状況
・出荷停止; 2022 年7月 29 日 ~ 未定
 
 なお、代替品については、「今後関係学会より、代替品についてご助言・ご指導賜り次第、改めてお知らせいたします」としている。

■あゆみ製薬HP https://www.ayumi-pharma.com/

この記事のライター

関連するキーワード


カロナール 限定出荷

関連する投稿


【厚労省】事務連絡、「カロナール」の効能を「各種疾患及び症状における鎮痛」に/個別疾患名の列挙改める

【厚労省】事務連絡、「カロナール」の効能を「各種疾患及び症状における鎮痛」に/個別疾患名の列挙改める

【2022.08.01配信】厚生労働省は7月29日、あゆみ製薬が販売する「カロナール」について、効能効果を「各種疾患及び症状における鎮痛」に変更する事務連絡を発出した。これまで、「頭痛、筋肉痛」など多くの個別の疾患名を列挙していたものを改める。同日の「薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会」で了承されたもの。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング