【服薬フォローアップ薬局実態調査】フォロー経験率は89.0%/慶應義塾大学薬学部と薬団連の共同調査

【服薬フォローアップ薬局実態調査】フォロー経験率は89.0%/慶應義塾大学薬学部と薬団連の共同調査

【2021.09.26配信】薬局団体連絡協議会(薬団連)は9月26日、「第3回 国民のための薬局のあり方シンポジウム」を開催した。その中で、薬団連と慶應義塾大学薬学部医薬品情報学講座が共同で行った「保険薬局における患者フォローアップの実態調査」の結果を報告した。


 慶應義塾大学薬学部医薬品情報学講座と薬局団体連絡協議会の共同で、「保険薬局における薬剤師による患者フォローアップの実態調査」を実施した。実態の可視化や好事例の横展開を目的としたもの。

 薬団連に加盟している4団体(次世代薬局研究会2025、日本コミュニティファーマシー協会、保険薬局経営者連合会、地域医療薬学研究会)の法人会員が運営する薬局(各店舗から薬剤師1名)が回答。調査実施期間は2021年8月12日〜2021年9月7日で、318薬局が回答した。

 その結果、薬局内で服薬フォローアップの実施判断について相談した経験があるのは81.1%だった。
 実際の実施判断については、「担当した薬剤師が個人で判断」が89.9%と高かった。日本薬剤師会の手引きを参考に判断するとの回答も26.7%あった。
 また、要指導医薬品・一般用医薬品のフォローアップを行うことがあるかとの問いでは、「ある」が17.9%だった。

 フォローアップを薬機法の義務化後に実施した経験では、「ある」が89.0 %という結果だった。
 フォローアップを行っている患者数では、最大が「1〜10人」。回答した274薬局のうち、120薬局以上が「1〜10人」と回答していた。次いで多かったのは「11〜20人」で約40薬局が回答。ただ、患者数ではばらつきが多く「101人以上」との回答もあった。

 「実際にフォローアップを行ったことがある患者像」では、「新規処方や処方変更があった患者」(用法用量の変更など)が76.2%。「副作用リスクが懸念される患者」(ハイリスク薬服用者など)が66.0%、「薬の服用・使用に不安を感じている患者」61.9%、「服用・使用方法が特殊な薬剤が処方された患者」55.9%、「アドヒアランスが不良な患者」46.0%などとなった。
 
 自由記述の「フォローアップ事例」では265件が寄せられた。
 フォローアップの際に、インスリンが投与されていないことが分かったり、新たに他院からの処方薬があり飲み合わせの確認ができたり、ワクチンとの兼ね合いを気にして自己判断で服薬を中止していることがわかったりしたという。
 事例については、今後、さらに解析を進めたいとした。

 「フォローアップによる結果」については、「医療機関との連携」が64.0%、「プレアボイド」(副作用の早期発見など)が24.0%、「患者・医療機関との信頼形成」21.0%などとなった。

 「フォローアップの実施度評価」では、「だいたいできている」が26%、「どちらともいえない」が20%、「あまりできていない」が44%、「まったくできていない」9%、「十分にできている」1%だった。

 「フォローアップ」の手段では、電話が98.9%と最も多く、LINE以外のアプリが9.9%、LINEは3.5%だった(複数回答)。
 
 「フォローアップに至らない理由と改善方法」では、「電話によるフォローアップの難しさ」(36%)が挙げられ、患者の忙しい時間でも可能なアプリの普及が期待されるとされた。「患者の拒否や信頼不足」(34%)も課題に挙げられ、「周知・広報」や「患者とのコミュニケーション向上」が改善策として指摘された。「薬剤師自身の課題(力量不足等)」(14%)との回答もあり、「事例の共有や基準の策定」が必要との意見もあったという。

この記事のライター

関連するキーワード


服薬フォロー

関連する投稿


【MICIN】服薬フォローの医薬連携システム開始/日本ベーリンガーインゲルハイムの肺線維症患者向けサポートプログラムと連携

【MICIN】服薬フォローの医薬連携システム開始/日本ベーリンガーインゲルハイムの肺線維症患者向けサポートプログラムと連携

【2021.09.06配信】「curonお薬サポート」を展開するMICINは、日本ベーリンガーインゲルハイムの肺線維症患者向けサポートプログラムと連携し、医薬連携の取り組みを開始する。薬局では、服薬指導初回以降に服薬フォローアップを行い、得られた情報を薬剤師から医師にトレーシングレポートなどの適切な形で連携する。


【コロナ】なぜ、あの薬局はコロナ下でも増収したのか?

【コロナ】なぜ、あの薬局はコロナ下でも増収したのか?

【2020.10.16配信】新型コロナウイルス感染症は患者の受診抑制を招き、薬局経営にも大きな影を落としている。日本薬剤師会が173薬局を対象にした調査では、3月から7月にかけて、薬局の主な収入源である調剤報酬の技術料が前年同月比で7.8%〜17.4%減少している。こうした状況下、コロナ下でも増収になっている薬局がある。同薬局は薬機法改正で義務化された「服薬フォロー」の徹底が薬局の増収につながるとの見方を示した。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事