【薬局アワード】オンラインで10月24日に開催/一般の人でも誰でも参加可能

【薬局アワード】オンラインで10月24日に開催/一般の人でも誰でも参加可能

【2021.09.24配信】一般社団法人 薬局支援協会(所在地:神奈川県横須賀市、代表理事:竹中 孝行氏)は10月24日(日)に、「第5回みんなで選ぶ薬局アワードONLINE」を開催する。全国の薬局から取り組みを募集し、一般の人に向けて発表、表彰するもので、予選会で選ばれた6組の薬局が登壇する。


 「薬局アワード」は、「薬局ってどこも一緒じゃないの?」「信頼のおける薬局を探したい」そんな患者の疑問や要望に応えるべく、一般の人に薬局の取り組みを知ってもらうことを目的としている。参加した一般の人に、イベントをきっかけに「薬局ってこんな一面があるんだ」「今まで薬局にそんな相談したことがなかった」など薬局について新たな気づきを得てもらい、地域の薬局をより活用してほしいという思いを込めて企画しているという。

 5回目となる今回の開催では、5日間に渡って繰り広げられた予選会、総勢約300人の視聴者審査員、1093票の投票によって発表薬局6組が決定した。

 予選会をとおして決定した発表薬局6組は以下の通り(順不同)。
・金太郎薬局【京都府京都市】
「薬局×弁当屋!?あなたの口に入るもの、全て責任持ちます」
・OGP薬局荒川店【東京都荒川区】
「地域の女性と子どもの健康と未来をサポートしたい!」
・たむら薬局栄町店【東京都練馬区】
「地域を愛し地域から愛される薬局づくり」
・市民調剤薬局【新潟県新潟市】
「薬局スタッフもゲートキーパーです!」
・調剤薬局元気の森【群馬県前橋市】
「薬剤師が支える企業の健康「健康経営」
・合同会社みどりや薬局【静岡県島田市】
「パパママ薬局は地域健康のHUB 薬局に+αの拠点で地域を支える。」

 特別ゲスト審査員は以下の通り(順不同)。
・岸田 徹 氏(NPO法人がんノート 代表理事)
・鈴木 信行 氏(患医ねっと 代表)
・狹間 研至 氏(一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長)
・みおしん 氏(麻酔科専門医兼メディアアーティスト)
・白戸 良磨 氏(全国薬学生アワード2021 最優秀賞)
・平井 みどり 氏(兵庫県赤十字血液センター 所長)

 これまでの開催実績は以下のサイトで確認できる。

・第4回みんなで選ぶ薬局アワード(2020年10月25日)
オンラインにて開催
公式レポート: https://www.onenationworkingtogether.org/61553

・第3回みんなで選ぶ薬局アワード(2019年5月19日)
東京・中目黒GTプラザホールにて開催
公式レポート: https://www.onenationworkingtogether.org/59906

・第2回みんなで選ぶ薬局アワード(2018年5月20日)
東京・リクルートGINZA8ビル11Fホールにて開催
公式レポート: https://www.onenationworkingtogether.org/57799

・第1回みんなで選ぶ薬局アワード(2017年4月9日)
東京・中目黒GTプラザホールにて開催
公式レポート: https://www.onenationworkingtogether.org/55141

 また、同協会では「これまでに頂いている嬉しいお声」として以下を紹介している。
・「全国の薬局の皆様の創意工夫を知ることができて非常に有意義でした。クリニックは選ぶのに薬局は選ばないっておかしな話です。」
・「薬局によって、ここまでやり方、取り組みが違うこと、そしてどのような事をしているかを知ることができ、とても良い時間となりました。」

 このほかにも、来場者からは、「かかりつけ薬局という言葉を初めて知った」「在宅医療に関わっていることを知らなかった」「お薬手帳の大切さが分かった」「病気について相談して良いんだ」などの声が多くあるという。また、聴講した医療介護従事者からは新しい薬局の一面を知ることができたと今後、薬局との連携を深めたいという嬉しい声もあるという。

 参加申し込みは以下のサイトより。
https://pharmacyaward5th.peatix.com

 当日はオンラインでの参加となる。誰でも参加可能。参加費は無料。

 『第5回みんなで選ぶ薬局アワードONLINE』の開催日時は、2021年10月24日(日) 13:00開演、17:30閉演予定。
 会場はオンライン(LIVE配信ツールを利用) で、全国どこからでも参加可能。
 定員は1000名。

 サポート企業は以下の通り。
株式会社経営承継支援
HYUGA PRIMARY CARE株式会社
PHC株式会社
株式会社プレカル
ファーマシストライフ
株式会社ネクスウェイ

 一般社団法人 薬局支援協会は、所在地は神奈川県横須賀市。代表理事は竹中孝行氏。
 「人々の健康のために薬局が更なる一歩を踏み出す機会を創造する」を理念に、薬局支援を目的としたメディアの運営などを手掛けている。
URL: http://ph-support.jp

この記事のライター

関連するキーワード


薬局アワード

関連する投稿


【薬局を変えるのは薬剤師だけではない】「薬局アワード」開催

【薬局を変えるのは薬剤師だけではない】「薬局アワード」開催

【2020.10.25配信】10月25日、「みんなで選ぶ薬局アワード」というイベントが開催され、参加者からの投票で決まるオーディエンス賞に、まんまる薬局(東京都)が選ばれた。同社は、薬剤師・非薬剤師の2人体制で在宅現場を回る「ボランチ制度」を取り入れている。そのボランチ制度の中で生まれてきた現場の取り組みを社内で表彰する「ベストカップルアワード」が評価された。同薬局を経営するhitotofrom社代表の松岡光洋氏は、「薬局が変わるには薬剤師だけでなく働くスタッフが行動変容を起こす必要がある」と語った。


最新の投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、敷地内薬局への報酬引き下げの方向が示された。敷地内薬局への報酬を想定している特別調剤基本料に関して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、算定している薬局の調剤料・薬剤料の減算のほか、薬学管理料加算の評価引き下げを求めた。さらには特別調剤基本料を算定する薬局を持っている同一グループに対し、「何かしらの評価を下げることも方策」とした。提案が実現すれば、敷地内薬局1店舗への影響では済まず、グループ全体への減収につながる可能性がある。


【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。この中で日本医師会常任理事の城守国斗氏は認定薬局の推進に理解を示した上で、薬局数の収れんの必要性を指摘。「かかりつけを概念に、適切な薬局数に収れんすることができるのか、大きな意味での医療政策を中医協以外の場でも国でしっかり検討していただきたい」と要望した。


【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【2021.11.25配信】日本医薬品登録販売者協会は11月24日、日本チェーンドラッグストア協会などと共同で開いている定例会見の中で活動状況を報告した。10月29日には「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」を作成・公表したとし、「セルフメディケーションを適切に支援する役割」の推進に注力していく考えを示した。厚労省や関係団体、アカデミアなどとの情報交換も活発に行っていることも報告した。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事