大幸薬品「クレベリン」を シーツ会社向けに発売

大幸薬品「クレベリン」を シーツ会社向けに発売

【2020.04.25リリース配信】大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下「大幸薬品」)は、2020年4月24日(金)、二酸化塩素分子のチカラでウイルス・菌・ニオイを除去する衛生管理製品『クレベリン』シリーズより、リネンサプライ事業者の連続洗濯機向けに『クレベリンW リネン用』を新発売する。


【2020.0425配信】

大幸薬品「クレベリン」を
シーツ会社向けに発売


大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下「大幸薬品」)は、2020年4月24日(金)、二酸化塩素分子のチカラでウイルス・菌・ニオイを除去する衛生管理製品『クレベリン』シリーズより、リネンサプライ事業者の連続洗濯機向けに『クレベリンW リネン用』を新発売する。

リネンサプライ事業とは、シーツ、タオル等を一括管理し、契約先である病院・ホテル・旅館などに貸出しており、これらの使用済リネン製品を回収・洗浄、さらに補修・補充を行い再度、契約先に届けている。主に病院リネンサプライやホテルリネンサプライがある。

『クレベリンW リネン用』は病院・ホテルのシーツ、タオル等のリネン製品の付着ウイルス・菌の除去を目的に、リネンサプライ事業者の連続洗濯機専用に大幸薬品が日本医療産業株式会社 (本社:大阪市北区、代表取締役社長:吉(*環境依存文字 土に口)永英人)の協力のもと、3年を要して開発した製品。
『クレベリンW リネン用』の使用時には、専用の別売「クレベリンリネン用 注入装置」(株式会社東京洗染機械製作所 社製) が必要となる。「クレベリンリネン用注入装置」を設置することで、連続洗濯機の最終槽に被洗物が送られると、この注入装置から『クレベリンWリネン用』 (A液、B液、C液の3液)より調製した二酸化塩素水溶液が連続洗濯機に自動注入される。この最終槽に注入された二酸化塩素水溶液が、被洗物に付着するウイルスや菌を除く。

二酸化塩素分子は、ウイルスや芽胞菌を含む細菌を除去することができ(*1)、その特異的な酸化作用により、ウイルス・菌のタンパク質を酸化して、構造変化させることで、その機能を不活性化すると考えられております(*4,5)。またカビの菌糸の成長を抑制することが明らかになっています(*2)。

大幸薬品ではこれからも常に顧客のニーズに応えるべく、商材開発・用途提案など、積極的に取り組んでいく方針。また大学や研究機関とも連携して、二酸化塩素の安全性・有効性に関するデータを集積しており、より一層の研究活動を通じ、エビデンスに基づく製品を世に送り出し、 「世界のお客様に健康という大きな幸せを提供する」企業として、社会に貢献していく考え。


(*1)二酸化塩素を用いた微生物除去技術, 三浦孝典, 柴田高 アニテックス 21(6),11-16(2009).
(*2) 連続洗濯機とは:洗いゾーンとすすぎゾーンに区分される複数の連続した槽で構成されたリネン類専用の大型洗濯機です。決められたサイクルで被洗物を槽から槽へ移送させつつ連続的に洗浄することができるため、大量の被洗物に対応することが可能です。



【製品概要】
《製品名》クレベリンWリネン用 A液、B液、C液
《サイズ》300㎜(幅)×300㎜(奥行)×295㎜(高さ)
《内容量》20kg / 個
《梱包装》1 個
《価 格》オープン価格
《販売者》日本医療産業株式会社
《製造者》大幸薬品株式会社
《特 徴》1.大幸薬品の技術により二酸化塩素が発生
     2.物体に付着するウイルス・菌を除去
      ◎全てのウイルス・菌を除去できるものではありません。
     3.A液、B液、C液の3液を専用の機械を用いて混合し、二酸化塩素を発生。
-------------------------------

この記事のライター

関連する投稿


「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

「薬局」の倒産数、コロナ禍が落ち着き減少へ/2022年度は15件/東京商工リサーチ調べ

【2023.05.23配信】東京商工リサーチは5月23日、「調剤薬局」の倒産件数の調査結果を公表した。コロナ禍で過去最多となる23件を記録した2021年度からは減少し2022年度は15件だった。同社は「今後はオンライン化で淘汰が加速も」と分析している。


【オンライン医療相談や診察】コロナ5類後の継続意向は56.8%/内閣府調査

【オンライン医療相談や診察】コロナ5類後の継続意向は56.8%/内閣府調査

【2023.04.20配信】内閣府は4月19日、「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」を公表した。これまでにも公表しているもので前回は2022年7月22日の公表。今回は「オンライン医療相談や診察」のコロナ5類後の継続意向は56.8%だった。


【厚労省】コロナ5類移行に伴う調剤報酬の取り扱いで事務連絡発出/オンライン服薬指導の“0410通知”のコロナ特例は令和5年7月31日で終了

【厚労省】コロナ5類移行に伴う調剤報酬の取り扱いで事務連絡発出/オンライン服薬指導の“0410通知”のコロナ特例は令和5年7月31日で終了

【2023.04.03配信】厚生労働省は3月31日、事務連絡「新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけの変更に伴う新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。調剤報酬関連では、コロナ患者への調剤に関わるものでは「在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料1」(500 点)を継続するほか、店頭でのコロナ薬調剤では「服薬管理指導料」について2倍とする内容を記載。また高齢者施設においても「在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料1」が算定できる内容。加えて、オンライン服薬指導については、いわゆる“0410通知”の特例を令和5年7月 31 日をもって終了するとした。


【パキロビッド®パック】3月22日から一般流通へ/国購入分は3月28日までの発注で配分終了

【パキロビッド®パック】3月22日から一般流通へ/国購入分は3月28日までの発注で配分終了

【2023.03.15配信】厚生労働省は3月15日、事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の薬価収載に伴う医療機関及び薬局への配分等について(その2)(周知)」を発出。これまで国による購入・配分としていた同剤について3月22日から一般流通が開始されることに伴い、国購入分の配分は3月28日15時までの発注をもって終了とするとしている。


【厚労省中医協】コロナ特例、調剤の緊急薬剤配送の算定は継続評価へ/点数は未定

【厚労省中医協】コロナ特例、調剤の緊急薬剤配送の算定は継続評価へ/点数は未定

【2023.03.08配信】厚生労働省は3月8日、中央社会保険医療協議会 総会を開き、「新型コロナウイルス感染症の診療報酬上の取扱い」を議論した。この中で調剤における、「自宅・宿泊療養患者に緊急に薬剤を配送した上での対面/電話等による服薬指導(対面500点、電話等200点)」については継続して評価する方針が示され、概ね了承された。ただし、点数については言及はなく、減点の可能性はありそうだ。近く、とりまとめを行う見込み。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング