M&A情報【スギホールディングス】ベトナムのドラッグストア と業務提携/「Omicare Joint Stock Company」と

M&A情報【スギホールディングス】ベトナムのドラッグストア と業務提携/「Omicare Joint Stock Company」と

【2021.07.16配信】スギ ホールディングス子会社のスギ薬局は、ベトナムのドラッグストア 企業である「Omicare Joint Stock Company」との業務提携に合意したと公表した。Omicare社は、2019 年 2 月設立で、現在、ベトナム国内に日本式の薬局併設型ドラッグストア「OmiPharma」を 3 店舗運営している。


 スギ薬局(杉浦克典社長)は、ベトナム社会主義共和国内で薬局併設型ドラッグストア、EC事業を展開する Omicare Joint Stock Company(所在地:Tầ ng 13, tòa nhà 789 Bộ Quộ c Phòng, sộ 147Hoàng Quộ c Việ t, quầ n Cầ u Giầ y, Hà Nộ i ,CEO:Trầ n Quộ c Dũng氏)と業務提携することで合意したと公表した。

 スギ薬局グループは、関東・中部・関西・北陸エリアに 1400 店舗以上を展開し、約 3000 名の薬剤師と約 500 名の管理栄養士を擁する調剤併設型ドラッグストアを強みに、地域の生活者の病気予防・健康管理に生涯にわたって関わり、健康増進に貢献する「トータルヘルスケア戦略」を展開している。近年では、様々な医療機関から生活習慣病などの処方箋を年間約 1000 万枚応需している処方箋調剤事業に加え、リアルとデジタルを連携させた予防・未病領域への展開を強化している。具体的には、メタボリックシンドロームの予防と改善を促す「特定保健指導」や 150 万人分の健康診断データを活用した生活習慣病予防向けの情報サービス「生活習慣病リスクレポート」などの健康保険組合向けのサービスと、一般消費者向けのアプリによるセルフケア支援サービス「スギサポwalk/eats/deli」などを展開している。

 一方、Omicare は、「ベトナム国内の予防医療、健康経営を支援する」ことを掲げ 2019 年に設立。親会社の Ominext Group Joint Stock Company が、日本企業向けに医療システムを開発・提供して得た知見を活用し、ベトナム国内でヘルスケアサービスを展開している。具体的には、ベトナム国内に日本式の薬局併設型ドラッグストア「OmiPharma」を 3 店舗(リリース時点)と、商品と健康支援情報を発信する EC 事業を運営。リアルとデジタルのサービスを融合することで、幅広く顧客にヘルスケアサービスを提供している。
 
 また、Omicare は、次期の中期4ヶ年計画にて、ベトナム国内の出店加速を掲げています。店舗をヘルスケアに関する相談・情報発信の拠点とすることで、ベトナム国内の予防医療、健康経営をより一層支援できる体制の構築を目指している。

 今回の提携は、このような両社の取組みをより進化させるものであり、スギ薬局グループで培ったトータルヘルスケアのビジネスモデルや商品・商標の提供に加え、互いの経営ノウハウの共有などを通して、両社の事業展開をより一層推進していく。また、同提携の円滑な推進のために、Omicare と協議の上、双方の人材交流も予定する。

 さらに、両社は将来的な資本提携も視野に入れて、この先も協議を進めていく方針。

 業務提携の内容は以下の通り。
1. 経営・運営ノウハウの共有(陳列・販売方法・オペレーション・人材交流など)
2. ヘルスケア・ビューティケアを中心とした商品供給・商品開発(サプリメント、健康食品、衛生用品、化粧品など)
3. ベトナム内での、Omicare へのロゴなどの商標許諾
4. 日本国内におけるヘルスケアシステム全般での連携
5. 将来的な業務資本提携の検討

 「Omicare Joint Stock Company の概要」は以下の通り。
 会社名はOmicare Joint Stock Company。
 設立日は 2019 年 2 月。
 所在地はTầ ng 13, tòa nhà 789 Bộ Quộ c Phòng, sộ 147 Hoàng Quộ c Việ t, quầ n Cầ u Giầ y, HàNộ i。
 代表者は、CEO Trầ n Quộ c Dũng.
U R L : https://omicare.vn/loi-chao-tu-ceo
 事業内容は薬局併設型ドラッグストア、EC 事業の運営。

この記事のライター

関連する投稿


M&A【ココカラファイン】三重県の調剤薬局3社を子会社化/イー・ウェル、ウェル・サポート、メディカル・サポート

M&A【ココカラファイン】三重県の調剤薬局3社を子会社化/イー・ウェル、ウェル・サポート、メディカル・サポート

【2021.07.28配信】ココカラファインは7月28日、三重県で調剤薬局を展開する有限会社イー・ウェル、有限会社ウェル・サポート、有限会社メディカル・サポートの全株式を取得し、同社を子会社したと公表した。


【スギHD】2022年2月期第1四半期/売上+3.4%、営業利益−19.7%/コロナ特需の反動減

【スギHD】2022年2月期第1四半期/売上+3.4%、営業利益−19.7%/コロナ特需の反動減

【2021.06.29配信】スギホールディングスの2022年2月期第1四半期は、売上+3.4%、営業利益−19.7%だった。


【スギHD】信州大学医学部附属病院の敷地内薬局で優先交渉者に

【スギHD】信州大学医学部附属病院の敷地内薬局で優先交渉者に

【2021.06.21配信】スギホールディングスは、国立大学法人信州大学医学部附属病院(長野県松本市 病院長 :川真田樹人氏)が 2021 年 3 月 22 日より公募開始した敷地内院外薬局等整備運営事業に応募し、優先交渉権者に選定されたと告知した。


【5月月次】スギHD、全店+3.3%、既存店−1.7%

【5月月次】スギHD、全店+3.3%、既存店−1.7%

【2021.06.15配信】スギホールディングスは5月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が5.0%増、ジャパン事業が11.3%減、スギ薬局全体の全店売上は3.3%増となった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が0.9%減、ジャパン事業が9.2%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は1.7%減となった。4月度から既存店に関してはマイナス基調となっている。


【スギHD】榊原栄一会長が日本保険薬局協会の新理事に就任

【スギHD】榊原栄一会長が日本保険薬局協会の新理事に就任

【2021.05.19配信】日本保険薬局協会(NPhA)は5月19日に令和3年度定時総会を開催し、新理事に関して承認した。スギホールディングスの榊原栄一会長(5月中旬に会長に就任予定)が新理事に就いた。


最新の投稿


【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日、組織改編と人事異動を公表した。異動日は8月24日の予定。


【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日に、「代表取締役の異動に関するお知らせ」を公表した。現・代表取締役会長である宇野正晃氏が、代表権のない会長となる予定。8月24日開催の定時株主総会及びその後に開催予定の取締役会で正式に決定される予定。


日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

【2021.08.02配信】日本セルフケア推進協議会(三輪芳弘代表理事=写真左)は、セルフケア推進に関する要望書を厚労省に提出した。厚生労働省大臣官房長 大島一博氏(写真右)、政策統括官 伊原和人氏、医政局長 迫井正深氏に手交 した。


【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【2021.07.30配信】ココカラファイン薬局では『検体測定室』という利用者自らによる血液検査による健康チェックを提供している。手ぶらで気軽に受けられ、測定数値にあわせて薬剤師から健康アドバイスがもらえるサービスだ。短時間で簡単に測定できることが評判になり、2021年7月現在、検体測定室の導入店舗は114店舗まで拡大。地域の健康増進に貢献している。今回は検体測定室に密着、実際に血液検査を受けてみて、実際にかかった時間やサービス満足度などをレポートする。サービスを受けるまでのステップも記載するので興味のある方は是非参考にしてほしい。


【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【2021.07.30配信】ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之氏) は、同社の統計データをもとにドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を公表した。それによると、ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも伸び率ランキング1位になってる。ワクチン接種が進んだことによる影響と考えられるとしている。


ランキング


>>総合人気ランキング