【マツキヨHD】登録販売者試験対策の書籍を発刊/2020年度の出題を網羅

【マツキヨHD】登録販売者試験対策の書籍を発刊/2020年度の出題を網羅

【2021.04.16配信】 マツモトキヨシホールディングスは、医薬品登録販売者資格取得に向けたテキストを書籍として発刊した。2020年度に全国で出題された1200 問を完全収載した。「医薬品登録販売者過去問題集 2021」を 2021 年4月 21 日に、「医薬品登録販売者試験対策テキスト 2021」を同年4月28 日に それぞれ発売する。


マツモトキヨシの社内講師×薬学のプロフェショナル

 同社は2016 年に「医薬品登録販売者試験対策テキスト」を発刊して以来、毎年改訂をおこない、今回で 5 回目の発売となる。

 テキストの章末には、一問一答形式のオリジナル問題を収載し、同社の研修ノウハウを惜しみなく掲載した。さらに実際の研修さながらにポイントを掴みやすく、疑問点が解決できるよう、会話形式でわかりやすく仕上げているのが特長という。過去問題集は、解説を充実させ、出題頻度が一目でわ かるようにした。

 医薬品登録販売者の資格取得を目指す人が役立てられる。効率的に学習できるテキストと過去問題集を書籍化したいとの思いから刊行にいたったもの。

 同社は発刊の背景として、セルフメディケーションが推進される中、医薬品に関しての品質管理、リスク管理が重要になっていると指摘。医薬品の専門家である「医薬品登録販売者」は、地域住民の健康の一翼を担うべく重要視されているとの考えを示している。

 医薬品登録販売者は、医薬品の専門知識を持ち、地域の人の健康を支える身近な存在として期待されている資格。同社は「医薬品登録販売者試験対策セミナー」を社内外で広く実施している。セミナーで蓄積されたノウハウを「医薬品登録販売者試験対策テキスト」に取り入れ、毎年の 試験傾向を反映し、今後も医薬品登録販売者試験の受験者に寄り添ったテキストを刊行していく考え。 「今回の書籍刊行により医療の一翼を担う資 格者を一人でも多く輩出することに貢献できれば」としている。

 「医薬品登録販売者試験対策テキスト 2021」は本体価格 3,520 円(税込)。
 特徴は以下の通り。
 出題傾向は ★ と「花丸マーク」でわかりやすい。
 会話形式で重要ポイントが掴みやすい。
 付属の「赤シート」で重要箇所の暗記に便利。
 一問一答形式の問題で知識が身につきやすい。
 分かりやすい図表で学習しやすい。
 著者はマツモトキヨシホールディングス。
 発行はじほう。
 体裁はB5判 2色刷 480頁。
 発行日は4月28日。
 全国書店・ネットで販売。
 

 「医薬品登録販売者過去問題集 2021」は本体価格 2,200 円(税込)。
 特徴は以下の通り。
 2020 年度に出題された、全国すべての試験問題を完全収載(全国12地区 全1,200問)。
 よく出る問題は「頻出」マークで確認できる。
 充実したオリジナル解説付きで、自己学習に最適。
 解答・解説が取り外せて学習しやすい。
 著者はマツモトキヨシホールディングス。
 発行はじほう。
 体裁はB5判 2色刷 368頁。
 発行日は4月21日。
 全国書店・ネットで販売。

この記事のライター

最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【2024.07.04配信】福岡市薬剤師会などは7月1日からOTC薬乱用の危険性の周知などを行うキャンペーンを展開している。期間は9月1日まで。特別協賛として著名人による啓発コメントをラジオ放送(エフエム福岡)するほか、啓発動画を街頭ソラリアビジョンで放映。啓発ラジオ番組の放送も行う。


ランキング


>>総合人気ランキング