リクルートがオンライン面接導入の現状を調査、「導入済」20%

リクルートがオンライン面接導入の現状を調査、「導入済」20%

【2020.04.24リリース配信】リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社⾧:佐藤 学)は、企業の採用担当者へアンケート調査を行い、1,030 人から回答を得た。3 月末時点でのオンライン面接の導入状況についてまとめ、結果を公表した。


【2020・04.24配信】
オンライン面接導入の現状
「導入済」20%

リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社⾧:佐藤 学)は、企業の採用担当者へアンケート調査を行い、1,030 人から回答を得た。3 月末時点でのオンライン面接の導入状況についてまとめ、結果を公表した。

3 月末時点でのオンライン面接導入済企業は 18.0%。導入を決めてこれから導入する企業は 11.8%であった。
導入を検討している企業は約 25%と、4 社に 1 社は導入検討していることが分かった。この動きは今後より広がりをみせるだろう。

■オンライン面接を導入した理由
オンライン面接を導入済(これから導入も含む)、または導入検討している採用担当者に導入理由を聞いたところ、30%を超えた理由は次の6つであった。
・「自社と離れた地域・場所に住む候補者とも面接をするため」61.4%、
・「面接場所の確保や案内などの時間を効率化するため」55.5%、
・「候補者の移動の時間や交通費を削減してもらうため」46.4%
・「オンラインの方が候補者と日程調整がしやすいため」39.0%
・「より多くの面接枠を確保するため」34.5%
・「災害や有事の際でも、面接を滞りなく進めるため」34.3%

■2019 年度中途採用で充足している企業はオンライン面接を導入している割合が高い
2019 年度の中途採用数について、「計画を上回った企業」(中途採用充足企業)では既に 30.3%がオンライン面接を導入している。一方、「計画を下回った企業」ではわずか 14.3%にとどまり、中途採用充足企業との差は実に 16.0 ポイントに上る。
中途採用充足企業では「すでに導入済」と「導入を決め、これから導入する」割合と合わせると、54.5%と過半数を超えている。

■調査概要
実施期間|2020 年 3 月 23 日(月)~ 2020 年 3 月 27 日(金)
調査対象|パート・アルバイトを除く会社員の方で、人材採用を担当されている方
回答数 |1,030 人
調査方式|インターネット調査

この記事のライター

最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【2024.07.04配信】福岡市薬剤師会などは7月1日からOTC薬乱用の危険性の周知などを行うキャンペーンを展開している。期間は9月1日まで。特別協賛として著名人による啓発コメントをラジオ放送(エフエム福岡)するほか、啓発動画を街頭ソラリアビジョンで放映。啓発ラジオ番組の放送も行う。


ランキング


>>総合人気ランキング