【アジア薬剤師会連合(FAPA)】ポスターアワード受賞/日本プライマリ・ケア連合学会薬剤師認定制度委員会

【アジア薬剤師会連合(FAPA)】ポスターアワード受賞/日本プライマリ・ケア連合学会薬剤師認定制度委員会

【2023.11.07配信】10月24日〜28日まで台湾で開かれていた第29回アジア薬剤師会連合学術大会(FAPACongress of the Federation of Asian Pharmaceutical Associations)で、日本プライマリ・ケア連合学会薬剤師認定制度委員会の発表がポスターアワードに選出され、受賞した。今回は応募総数は800件にものぼり、その中から受賞した。


症例報告やレポートとは異なる「ポートフォリオ」の効果を検証/自己省察、成長の証となる記録として実践学習に効果的なツール

 日本プライマリ・ケア連合学会薬剤師認定制度委員会のポスター発表のテーマは「プライマリケア薬剤師としてのポートフォリオの有効性を検証する」。
 薬学教育のセクションで投稿したもの。

 竹内 あずさ氏、坂口 眞弓氏、押切 康子氏、柴田淑子氏、小見川 香代子氏などによる研究発表。
 
 ポートフォリオはさまざまな業界で用いられる言葉だが、医療においては学習や評価のツールとして用いるポートフォリオは、症例報告やレポートとは異なり、自身が経験した事例について振り返り考えること(自己省察)が重要とされ、学習者の成果と省察の記録とも言えるとする。プライマリ・ケアをつかさどる薬剤師として、さまざまな領域を実践するためにポートフォリオを作成する意義と、その効果について検証した。

 日本プライマリ・ケア連合学会では、プライマリ・ケア認定薬剤師の認定更新要件の一つに、ポートフォリオの作成が定められている。10領域の中から5領域のポートフォリオを作成しなければならない。
 また、プライマリ・ケア認定薬剤師委員会では、認定更新時に提出されたポートフォリオの中から領域ごとに優秀ポートフォリオを選定しており、その発表の場としてポートフォリオ発表会を毎年開催している。研究では、昨年度の優秀ポートフォリオ数点を例示し、その効果を検証した。

 その結果、例示したポートフォリオから、ポートフォリオは単なる事例や症例の経験にとどまらず、プライマリ・ケアに欠くことのできない領域を経験し、自己省察し、実践してきた成長の証となる記録であり、実践学習にとても効果的なツールであることが検証できたという。

 同研究では、「ポートフォリオは、日々の薬剤師業務を振り返り再考していくことで自己成長につながる優れたツールであると共に、新人教育などでの評価ツールとしても有効である」とし、また「ポートフォリオ発表会は、参加者が事例を通して未知の経験を共有することができる場となり、発表者にとっても参加者の様々な意見から新たな気づきを得る良い機会となる」と考察している。

 ポスターアワード選出は全体で80件程度。
https://fapa2023.com/site/mypage.aspx?sid=1509&lang=en&pid=109
 

研究メンバー

ポスター発表はすべて電子ポスターで行われた

この記事のライター

関連するキーワード


FAPA

関連する投稿


【アジア薬剤師会連合】安部好弘・日薬副会長が副会長に就任/「デジタル化進むアジア各国と情報交換していく」

【アジア薬剤師会連合】安部好弘・日薬副会長が副会長に就任/「デジタル化進むアジア各国と情報交換していく」

【2022.11.25配信】アジア薬剤師会連合(Federation of Asian Pharmaceutical Associations Congress & National Pharmacists Convention=FAPA)の副会長に、日本薬剤師会副会長の安部好弘氏が就任した。FAPAは11月8日~12日までマレーシアで学術大会を開催しており、会期中に開催された理事会で安部氏の就任が決まったもの。安部氏は「デジタル化が進むアジア各国と情報交換していきたい」との考えを述べた。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。