“三世代”の薬学イベント開催/薬学生・若手薬剤師・ベテラン薬剤師が一同に会し「系譜紡ぐ」

“三世代”の薬学イベント開催/薬学生・若手薬剤師・ベテラン薬剤師が一同に会し「系譜紡ぐ」

【2023.05.24配信】2023年5月28日(日曜)10:00~18:00(途中入退室自由)に、薬学生・若手薬剤師・ベテラン薬剤師が一同に会する“三世代”型の薬学オンラインイベントが開催される。薬局企業で在宅医療に従事したのち、現在は慶應義塾大学大学院に在学し公衆衛生を学んでいる日髙玲於氏が代表を務める薬剤師の有志団体「CoHoPe」が企画、主催するもの。


 2023年5月28日10:00~18:00(途中入退室自由)に、薬学オンラインイベント「薬学生と薬剤師が、本気で語り合う 薬系100人年会  理想と実践の医療政策~薬剤師の未来を創るために~」が開かれる。主催は薬剤師有志団体の「CoHoPe」。薬学生や薬剤師を対象に、理想や実践の取り組みを共有し、医療政策の重要性や薬剤師の未来について共に語り考えるイベント。

 今回のイベントでは薬学生・若手薬剤師・ベテラン薬剤師という“三世代”が一同に会すことが特徴。主催する「CoHoPe」代表の日髙玲於氏は企画の背景として、「薬剤師の未来を創るには、課題の最前線で向き合う現場の薬剤師の声を聞き、同じテーマを持つ人たちと世代を超えて議論し、志を紡ぐことが重要だと思いました」と指摘。「薬学生・若手薬剤師・先輩薬剤師に3世代が同じセッションで議論するというのは、今までにないチャレンジ」だとし、「世代を超えるからこそ、系譜を受け継ぎ、次の世代に紡がれていくと思います」と思いを語っている。

 “ベテラン”“若手”の薬剤師としては、飯島伴典氏(イイジマ薬局・木町薬局 取締役 上田市議会議員)や川名三知代氏(こどもの医療課題を社会に届ける薬剤師)、鈴木怜那氏(女性と子どもの健康をサポートする薬剤師/一般社団法人SRHR pharmacy PROject 代表)など、薬剤師業界でも話題のメンバーが集う。

 イベント詳細は以下の通り。
 申し込みは以下サイトより。
https://cohope2023.peatix.com/
 参加費は「一般参加チケット」が2000円、「学生参加チケット」は無料(※社会人大学院生除く)。

<イベント詳細>
「当日スケジュール」
◎開会式   10:00〜10:20
◎年会長スピーチ 10:20〜10:50
日高玲於 (CoHoPe第1年会 年会長)

◎開幕講演 11:00〜12:00 「薬剤師道」
飯島伴典氏(イイジマ薬局・木町薬局 取締役 上田市議会議員)

◎ランチタイムイベント1-12:10〜12:50 患者志向「患者×学生×医療者の多視点での対話~私たちが考える”情報ギャップ”解決のカギ~」
鈴木信行氏(患医ねっと代表)
松井基浩氏(東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科)
栗城和拓氏(Links-mil運営薬学部6年)
井上真生香氏(Links-mil運営薬学部2年)
★医療者と患者との間で生まれる情報ギャップ。
活動を通して「患者視点」を得たLinks-milの薬学生そして、患者、医療者の3つの視点・立場から、
医療の質向上や情報格差の解決に向けてディスカッションしていきます。

◎ランチタイムイベント2-12:10〜12:50 多職種連携「薬×栄養×歯×ST〜学生が考えるチーム医療とは〜」
栗原百萌氏(薬学科5年)
政清莉穂氏(コミュニケーション障害学科4年)
平野大貴氏(歯学部5年)
森山なつみ氏(栄養学科卒)
★薬学、栄養、歯科、言語聴覚士の4領域それぞれの領域で熱意を持って勉強をしている立場からディスカッションします。
お互いがどんなイメージを持っているのか、職業の魅力、チーム医療の考え方や思いなどを共有できる時間を目指します!

◎セッション1-13:00〜15:00 地域医療「つなぐ・つながる地域と未来」
長塚健太氏(中央薬局) 
近藤敬太氏(藤田医科大学/豊田地域医療センター)
山崎瑞季氏(岐阜大学医学部附属病院薬剤部)
水谷朋加氏(名城大学薬学部6年)
★学生から考える地域医療をシェアしたのち、地域医療の先駆者からその実践や現時点の課題を提供します。
総合討論で、プレゼンターとフロアを巻き込んで、今後の課題と解決策を考えていきます!

◎セッション2-13:00〜15:00 SRHR「“もやもや”から始めよう、私たちのSRHR(性と生殖の健康と権利)とは」
鈴木怜那氏(女性と子どもの健康をサポートする薬剤師/一般社団法人SRHR pharmacy PROject 代表)
船津裕子氏(婦人科クリニックで相談室を開室する薬剤師)
岡本翔佑氏(日本で働く外国人をサポートする薬剤師/株式会社MORI PHARMACY代表取締役)
辻井咲夏氏(薬学部5年生) 
伊藤瑞希氏(薬学部6年生)
小野竜誠氏(薬学部6年生) 
★生きていて感じる、性にまつわる「もやもや」。
この「もやもや」を起点にし、SRHRの文脈で“薬剤師・薬学生として”どう考えるのがよいのか、“薬剤師・薬学生として”どうサポート出来るのか、参加者全員でよりよい解を導いていきます。

◎セッション3-15:30〜17:30 小児医療
川名三知代氏(こどもの医療課題を社会に届ける薬剤師)
鹿児山星那氏(こどものいのちと笑顔を守りたい薬学生)
栗城和拓氏(こともの繋がりと可能性を広げたい薬学生)


◎セッション4-15:30〜17:30 薬学教育「薬学教育の過去・現在を見つめ、薬学の未来を描く」
平井みどり氏(神戸大学名誉教授)
角山香織氏(大阪薬科大学薬学部臨床薬学教育研究センター 専門教授)
沖山里咲氏(6年制卒病院薬剤師)
馬越春莉氏(東京薬科大学薬学部2年)
薬学教育は薬学と薬剤師の未来を築く土台です。
★本セッションでは、6年制度設計に携わった薬剤師、薬学部教員、現役薬剤師、現役薬学生の異なる4つの立場の登壇するプレゼンターとともに、理想の薬学教育・その実現に必要なことを、会場参加型で議論します!

(※12:10~17:30のコンテンツは2企画同時進行)

◎閉会式 17:40~18:00

この記事のライター

関連するキーワード


CoHoPe イベント 日髙玲於

関連する投稿


【薬剤師向けオンラインイベント開催】薬剤師の“バリュー”テーマに/薬事・医療政策研究所

【薬剤師向けオンラインイベント開催】薬剤師の“バリュー”テーマに/薬事・医療政策研究所

【2021.03.09配信】当メディアの寄稿「イケアキの医療制度深読み」でもおなじみの池下 暁人氏は、4月8日にオンラインイベントを開催する。池下氏は2020年に「薬事・医療政策研究所」を創設するなど、薬局業界の将来を議論する場を多く設けている。今回のテーマは、「薬剤師・薬局の未来を左右する“薬剤師バリュー”」。薬局業界にも詳しいユヤマの学術部部長・森 和明氏をゲストに迎え、語り合う。


サツドラHD、健康経営セミナー開催。北海道経済産業局と共催

サツドラHD、健康経営セミナー開催。北海道経済産業局と共催

【2020.10.01配信】サツドラホールディングスは、10月20日に「健康経営推進セミナー」を開催すると告知した。北海道内企業の健康経営を推進する目的で開かれるもので、同社のほか、経済産業省北海道経済産業局、北海道、北海道ヘルスケア産業振興協議会の共催となる。


クスリのマルエ、キッズ教室でサマーイベント実施

クスリのマルエ、キッズ教室でサマーイベント実施

【2020.07.28配信】クスリのマルエ(群馬県)は、「マルエキッズワールド伊勢崎宮子」で8月3日よりサマースクールをスタートすることを告知した。


中止のリアルイベントをオンライン開催に切り替えた注目のドラッグストア

中止のリアルイベントをオンライン開催に切り替えた注目のドラッグストア

【2020.07.12配信】コロナ禍でリアルイベントを泣く泣く中止した――。そんな企業や団体は多いのではないだろうか。こうした中、あるドラッグストアが開催中止となったリアルイベントの内容を動画にしてオンライン配信するという形で実施し、注目を集めている。「リアルで行おうとしていたイベントを、ただ漫然と来年に持ち越すことで、逃すチャンスはないのか」。「そもそもリアルイベントは何を目的にしていたのか」。「その目的はオンラインでは実現できないものなのか」――。社内で議論を尽くした上で、5万人の集客を目標にしたオンラインイベント開催にこぎつけた同社の知見は、多くの企業の参考になるだろう。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング