【ウエルシアHD】新中計公表/26年2月期に売上30%増の1兆5000億円目標/調剤売上構成比25%目指す

【ウエルシアHD】新中計公表/26年2月期に売上30%増の1兆5000億円目標/調剤売上構成比25%目指す

【2023.04.10配信】ウエルシアホールディングスは4月10日、2023年2月期(2022年3月1日~2023年2月28日)の決算説明会を開催。足下の決算概況のほか、新中期経営計画を公表した。


 新中期経営計画では2026年2月期に連結売上高1兆5000億円(2023年2⽉期1兆1442億円と比較して+31.1%)、経常利益率5.0 %(2023年2⽉期4.6 %)、ROE15.0 %以上(2023年2⽉期12.7 %)、EBITDA成⻑率(3ヶ年平均)2桁成⻑(21年2期〜23年2期8.8 %)を掲げた。

 2023年2月期までの中計に比べて、アセアン地域への進出など、グローバル戦略が強調されている内容となった。
 2023年2月期までの中計では新規出店、調剤併設率74.7%、自動発注システム70%などのデジタル活用店舗業務、PBのSKU数拡大などを挙げていた。
 2026年2月機までとなる新中計では、「既存事業の進化と深化」として出店や調剤併設推進、介護事業などの積極展開を掲げる。調剤事業では調剤売上構成比25%(2023年2月期19.9%)、調剤併設率80%(2023年2月期74.7%)を目指す。
 「M&Aの推進」や顧客サービス開発などの「デジタル化への対応」、Welcia-BHG(シンガポール)の出店拡大やアセアン地域への出店など「海外事業の拡大」を掲げた。アセアン地域の出店ではベトナムやインドネシアも視野に入れる。

 なお、2023年2月期連結業績は、売上高1兆1442億7800万円(前期比+11.5%)、営業利益456億3500万円(同+6.1%)、経常利益521億4900万円(同+9.6%)、親会社株主に帰属する当期純利益270億3000万円(同+2.2%)と、増収増益だった。

 マスクや抗原検査キット等の新型コロナ感染症対策関連商品やPCR等検査事業に対する需要が拡大。外出機会の増加を受けた化粧品や、各国の行動規制緩和を受けたインバウンド需要に回復の兆しが見られているとする。
 物販部門では自宅療養者向けに総合感冒薬等の医薬品の販売が増加。調剤部門では、厳しい報酬改定の影響があったものの、調剤併設店舗数の増加(当連結会計年度末2024店舗)や、コロナ禍の受診抑制の影響が大きくなかったことなどの要因から、処方箋受付枚数が増加した。
 販売費については、燃料価格の高騰を受けて水道光熱費が大幅に増加したものの、自働発注の推進による店舗業務の効率化を進め、店舗人時数の管理等により、人件費をはじめとする経費適正化に努めたとする。
 
 店舗については、2022年6月1日付で株式会社コクミン(162店舗)及び株式会社フレンチ(3店舗)を、2022年12月1日付で株式会社ふく薬品(25店舗)を株式取得により子会社化。また、グループ全体で140店舗の出店と36店舗の閉店を実施し、期末のグループの店舗数は2763店舗となった。

 終わった期の調剤事業は、2281億600万円。前期比 114.5%、売上構成比19.9%。
 調剤実施店舗数は2019、調剤併設率は74.7%としている。
 調剤事業の粗利率は38.7%となり、前期比0.8ポイントのマイナスとなった。
 処方箋単価は10,539円。

この記事のライター

関連するキーワード


ウエルシアホールディングス

関連する投稿


【ウエルシアHD】とをしや薬局(長野県)がグループ入り

【ウエルシアHD】とをしや薬局(長野県)がグループ入り

【2024.06.03配信】ウエルシアホールディングスは6月3日、株式会社とをしや薬局がウエルシアグループの一員に参加したと公表した。


【ウエルシアHD】桐澤英明執行役員が社長に就任へ

【ウエルシアHD】桐澤英明執行役員が社長に就任へ

【2024.05.21配信】ウエルシアホールディングスは5月21日開催の取締役会において、代表取締役等の人事案について内定した。5月28日に開催予定の定時株主総会後の取締役会にて正式決定する。


【ウエルシアHD池野会長】ツルハHDとの統合「早く進めるのがよい」

【ウエルシアHD池野会長】ツルハHDとの統合「早く進めるのがよい」

【2024.05.10配信】ウエルシアホールディングスの代表取締役会長兼社長を務める池野隆光氏は5月10日、都内の会合で、ツルハホールディグスとの統合について触れ、「早く進めるのがよいと思っている」と述べた。同社の取引先を交えた会合「ウエルシアホールディングス共栄会」の総会で挨拶したもの。


【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【2024.04.18配信】ウエルシアホールディングスは4月18日、「代表取締役社長選任に関するお知らせ」を公表した。


【ウエルシアHD】松本忠久社長が辞任/「私生活において不適正な行為」

【ウエルシアHD】松本忠久社長が辞任/「私生活において不適正な行為」

【2024.04.17配信】ウエルシアホールディングスは4月17日、代表取締役社長の松本忠久氏が辞任すると公表した。


最新の投稿


【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【2024.06.19配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月18日・19日の両日、「2024OHKI秋冬用カテゴリー提案商談会」を開催。会期中に同社社長の松井秀正氏が会見を行った。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。特定薬剤管理指導加算3ロについては、必要かつ十分な説明を行えば10月1日より前の時点でも算定可能とした。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。


【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【2024.06.18配信】政府のデジタル行財政改革会議は6月18日、「デジタル行財政改革 取りまとめ2024」を公表した。医療分野では医療保険者による加入者に対する個別の周知などによってリフィル処方箋の周知・広報を行うとした。


【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【2024.06.17配信】東京都薬剤師会の髙橋正夫会長は6月15日の通常総会で挨拶し、最近の薬剤師会を取り巻く状況について解説した。


ランキング


>>総合人気ランキング