【CCCマーケティング】ウエルシア薬局など店舗のチェックインでマイルが貯まる新機能リリース

【CCCマーケティング】ウエルシア薬局など店舗のチェックインでマイルが貯まる新機能リリース

【2022.04.27配信】 CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田代 誠氏)は、7000万人のT会員に向けたヘルスケアアプリ「Tヘルスケア」に、ドラッグストアチェーンの「ウエルシア」「ハックドラッグ」「NARCIS」の店舗でチェックインするとマイルが貯まる新機能をリリースした。2022年4月21日(木)から提供を開始している。


貯めたマイルは申請するとTポイントがもらえる

 「Tヘルスケア」アプリ上で表示される店舗にチェックインすると、1回につき2マイルが貯まる新機能となっている。対象店舗は健康維持・管理との親和性が高く、Tポイント提携先でもあるドラッグストアチェーンの「ウエルシア」「ハックドラッグ」「NARCIS」の各店。位置情報を元に近隣店舗が表示され、1日1回、1店舗のみチェックインできる。

 同機能により、既存の歩数に応じて貯まるマイルや、1日1回アプリを開くともらえるボーナスマイル、クイズやアンケートなどのミッションに参加し条件を達成するともらえるマイルに加え、さらにマイルが貯まりやすくなる。また、「Tヘルスケア」で貯めたマイルを申請するとTポイントが獲得でき、獲得したTポイントは全国のTポイント提携先やサービスなどで利用可能。

 同社は今後、日頃の買い物でも「Tヘルスケア」で楽しくウォーキングを習慣化できるよう、チェックイン対象店舗の拡大も検討し、引き続きサービス拡充に取り組んでいく考え。

 同社は「これからもTヘルスケアを通して、T会員のみなさまの健康増進をサポートするとともに、Tヘルスケアにより蓄積されたデータと、CCCマーケティンググループが有する購買データやポイントプログラムのノウハウを掛け合わせ、Tヘルスケアを基点としたヘルスケアサービスを展開してまいります」としている。

 新機能「チェックイン」の概要は以下の通り。
<サービス内容>
「Tヘルスケア」アプリで表示される対象店舗にチェックインすると、2マイルが獲得できる。1日1回、1店舗のみチェックインできる。
※位置情報の通知を「許可しない」に設定している場合や、位置情報が正常に取得できない場合は、チェックインすることができない。端末の位置情報および、Tヘルスケアの位置情報サービスを有効にした状態での利用が必要。

<対象店舗>
全国の「ウエルシア」「ハックドラッグ」「NARCIS」。
※新たにオープンした店舗については、チェックインが可能になるまで、最大1ヵ月程度待つ必要がある場合がある。

<チェックイン方法>
1.店舗に来店
2.メニュー「チェックイン」をタップ ※「チェックイン可能なお店」欄に店名が表示される。
3.「チェックインする」をタップ
4.チェックイン完了によりマイルを獲得

「Tヘルスケア」の概要 https://web.tsite.jp/serv/thealthcare/
「Tヘルスケア」は、アプリ上でバーチャルウォーキングラリーを体験しながら、毎日の歩数・消費カロリー・移動距離を楽しく記録できるヘルスケアアプリ。毎日歩くだけで「マイル」が貯まり、貯めたマイルを申請するとTポイントが獲得できるほか、チャットによる医師への健康相談(有料会員限定)を利用することができる。

 サービスの特徴は以下の通り。
①「歩くだけ」で「マイル」が貯まる
 アプリを起動して歩くだけで、歩数に応じてマイルが貯まる。アプリ上で世界遺産を巡るバーチャルウォーキングラリーを体験しながら、スポットを通過またはラリーのゴールによりマイルを獲得できる。獲得したマイルは申請すると、500マイルにつきTポイント100ポイントを獲得することができる。

②毎日の歩数や消費カロリーを自動記録
 アプリ内に毎日の歩数・消費カロリー・移動距離が自動記録されることで、日々の運動状況を可視化して管理することができる。

③ミッション達成で「マイル」を獲得
 クイズやアンケートなどのミッションに参加し条件を達成すると、ミッションに応じたマイルを受け取ることができる。

④医療や健康に関する疑問や悩みをアプリ上で相談できる(有料会員限定)
 直接医師に医療・健康に関する相談ができるチャット型の「健康相談」がアプリ上で利用できる。
※「Tヘルスケア」有料会員(月額550円/税込)向けの限定サービス。

この記事のライター

最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ