【1月のOTC薬市場】抗原検査薬含む検査薬が大幅伸長/インテージ調べ

【1月のOTC薬市場】抗原検査薬含む検査薬が大幅伸長/インテージ調べ

【2022.03.11配信】インテージヘルスケアは、2022年1月のOTC医薬品市場概況を公表した。抗原検査薬が含まれる検査薬が大幅に伸長し、前年同月比221.7%となった。オミクロン株の急速な感染拡大に伴い、自宅での症状対応機会が 増加したためか、総合感冒薬をはじめ風邪関連薬効が全般的にプラスに転じたとする。


 2022年1月のOTC医薬品市場は前年比105.4%、42薬効中28薬効が前年プラス。 5年指数は95.6で過去5年間で4番目だった。
 5年指数は、過去5年間の6月の販売金額の平均を100とした場合の指数。

 当月はオミクロン株の急速な感染拡大に伴い、自宅での症状対応機会が増加したためか、総合感冒薬をはじめ風邪関連薬効が全般的にプラスに転じた。

 好調が続く解熱鎮痛剤も再び需要が拡大したとみられ、前年比の数値が2桁増に上昇。

 抗原検査薬が含まれる検査薬も大幅に伸長した。

 ドリンク系薬効は前月に引き続き対前年プラス、ドリンク剤は当月からアニ メコラボキャンペーン実施シリーズの販売貢献も大きかった。

 前年好調だった殺菌消毒剤については大幅マイナスが続いている。

 調査は以下の内容で行われているもの。
・データソース:SRI+(全国小売店パネル調査)
https://www.intage-healthcare.co.jp/service/research/otc/sri-plus/
・対象カテゴリー: OTC医薬品(指定医薬部外品含む)
・エリア:全国
・店舗数:約6,000店舗
・対象業態:ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター、ディスカウントストア
・データ収集方法:POSデータのオンライン収集

この記事のライター

最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。