【スズケングループ/コラボプレイス社】育薬貢献サービス開始/製薬企業と薬局現場の情報をつなぎ“新たな報酬化”支援も

【スズケングループ/コラボプレイス社】育薬貢献サービス開始/製薬企業と薬局現場の情報をつなぎ“新たな報酬化”支援も

【2024.05.07配信】スズケングループのコラボプレイス社はこのほど、製薬企業と薬局現場の情報をつなぐ新サービス「服薬マネジメント会員制サービス」を開始する。薬局がフォローアップ情報を提供したり、アンケート調査に回答することで、製薬企業からのリサーチ業務受託による報酬につながる可能性もある。コラボプレイス社は、スズケンがデジタル事業推進を目的に2022年3月に設立した事業会社。


 製薬企業にとっては、患者の薬物療法において、アドヒアランスやライフスタイルの問題などで医薬品本来の効能効果が得られず脱落するケースが問題の1つとなっている。新サービスでは、薬局・薬剤師の職能をサポートする各種ツール・コンテンツを提供することで、脱落防止のエビデンス構築を目指す。ツールの1つには、令和6年度調剤報酬改定項目でも注目されているRMP資材も含まれている。患者に処方されている薬剤に関連するRMP資材を自動的に紐付け、薬局のプリンターでの速やかな印刷をサポートする。

 情報のやりとり用にスマホも貸与する。1店舗当たり管理薬剤師に1台のスマホを貸与することを想定し、会員の月額利用料は自動印刷ツールと合わせて1店舗あたり5000円(税別)。当該のスマホは、業務上不要なアプリのダウンロードに規制がかけられていたり、セキュリティ管理上、Wi-Fi接続ができないようになっているなど、業務利用に適した仕様となっている。薬局に義務付けられている「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」では、従業員個人のスマホを業務に使用しないことになっている。今回のサービス利用は、この項目を満たすことにもつながる。

 製薬企業案件に関しては、スズケングループとして積極的に募集を進める方針。5月時点でも、がん領域の製薬企業など複数案件の実施が検討されており、当該の薬剤の患者のいる店舗などでリサーチ案件を依頼。協力店舗に対して規定の報酬が支払われる見込みだ。

 タイミングのよいコンテンツを活用した服薬指導やフォローアップによる脱落防止は、薬局の再来店率向上にもつながり、結果的にかかりつけ薬局化の支援にもなると同社では考えている。

新サービスのオンライン説明会を開催/セミナー「RMPの活かし方」も同時開催

<以下PR情報>
■コラボプレイス社では2024年5月22日 (水) 19:00~20:30、PECS1単位取得対応のセミナー「薬局におけるRMPの活かし方」を開催する(受講料無料、ZOOM開催)。
 セミナー後の20:30〜は、新サービス「服薬マネジメント」の説明を実施。20:30〜のみの参加も可能。 
 PECS取得希望の方はセミナー受講ののちの説明会聴講がおすすめ。薬局のマネジメントクラス、経営者の方はセミナー終了後(20:30~)の説明会のみの聴講がおすすめだ。
申し込みは下記まで
https://x.gd/BUJNv

■スズケンHPでの紹介は下記
スズケンHP>ニュース>2024.05.07お知らせ「【薬局向けオンラインセミナー】薬局におけるRMPの活かし方(5月22日開催)のご案内を掲載いたしました 」
https://www.suzuken.co.jp/

この記事のライター

関連するキーワード


スズケン RMP

最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング