【日本チェーンドラッグストア協会】支援している「そらぷちキッズ」へ、オムロンヘルスケアからの寄付贈呈式実施

【日本チェーンドラッグストア協会】支援している「そらぷちキッズ」へ、オムロンヘルスケアからの寄付贈呈式実施

【2023.02.24配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月24日、協会が支援している「そらぷちキッズキャンプ」へ、オムロンヘルスケアからの寄付贈呈式を開催した。そらぷちキッズキャンプは、 “病気とたたかう子どもたちに夢のキャンプをつくろう”との理念で設立され、2010年には「公益財団法人そらぷちキッズキャンプ」に認定されている。


 贈呈式に出席した「そらぷちキッズキャンプ」代表理事の細谷亮太氏は、難病を抱える子供は治療だけでなく、抱える問題があると指摘。「外出には心理的なハードルも含めていろいろな事情がある中で、キャンプ場をつくろうということになった」と団体立ち上げの背景を語るとともに、運営を続けることの困難さも指摘した。その中で、「日本チェーンドラッグストア協会の富山睦浩(協会理事、サツドラホールディングス)さんからも支援いただいてきた」と協会との取り組みも説明。キャンプが北海道にあるため、サツドラホールディングスからの支援が大きかったことをうかがわせた。

 一方、式に同席した富山睦浩氏は、「もともとは根津(孝一)副会長をはじめお取組みされていた」と経緯に触れた。協会として昨年は2000万円を寄付したことも説明。「協会からだけでなく、メーカーさんにもお願いをして1個販売に対していくらかの募金などの活動をお願いしてきた。複数のメーカー、卸さんにもご支援をいただいている」と話した。「難病を持った子供たち、また大変なご家族のために、今後も支援していきたい」と強調した。

 式にはオムロンヘルスケア執行役員経営統轄部長の岡田歩氏が出席。同社の体温計が発売50周年を迎えた記念して、そらぷちキッズキャンプへの寄付を決めたことを話した。体温計の売上の一部として644万円を寄付した。

 記者から岡田氏にドラッグストアのリアル拠点とウエアラブルを含めた検査機器の活用への今後について質問が出ると、岡田氏は「はやく異変に気が付くことは重要だが、異変があった時にどこに相談できるか。医療機関やかかりつけ薬局での日頃のコミュニケーションが重要だと思っており、すべてがデジタルで解決されるわけではない。リアルとデジタルをうまく活用していくことになるのではないか」と話し、今後のリアル拠点の重要性も指摘した。

 協会会長の池野隆光氏は、そらぷちキッズキャンプの支援を含めたSDGsへの協会の取り組みについて、「特別なことを特別にやっていくことは続かない。今、わたしたちができる、簡単ですぐにできることを積み重ねることで、次のステージに持っていけるといいのではないかと思っている」と指摘した。

 持続性の考えには協会SDGs委員会委員長の德廣英之氏も同調し、「SDGsはまさにサステナブルな取り組み。そらぷちキッズキャンプも第一歩の取り組みから継続して取り組まれてきた。SDGsの委員会として、今後も重要な取り組みとしてさらなる継続、発展に寄与していきたい」と述べた。

この記事のライター

関連する投稿


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


【ドラッグストア協会】新会長にマツキヨココカラ塚本副社長/副会長も若返りへ

【ドラッグストア協会】新会長にマツキヨココカラ塚本副社長/副会長も若返りへ

【2024.06.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は次期執行部体制を固めた。12日の総会で正式に決定し、公表する。2019年からの5年間、会長を務めた池野隆光氏(ウエルシアホールディングス会長)は勇退し、マツキヨココカラ&カンパニーの塚本厚志副社長と交代する予定だ。さらに副会長も、ぱぱすの根津孝一会長以外は全員が退任。一気に若返りを図り、組織体制を一新する。( 医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【2024.05.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は5月17日に定例会見を開いた。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


最新の投稿


【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【2024.06.19配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月18日・19日の両日、「2024OHKI秋冬用カテゴリー提案商談会」を開催。会期中に同社社長の松井秀正氏が会見を行った。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。特定薬剤管理指導加算3ロについては、必要かつ十分な説明を行えば10月1日より前の時点でも算定可能とした。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。


【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【2024.06.18配信】政府のデジタル行財政改革会議は6月18日、「デジタル行財政改革 取りまとめ2024」を公表した。医療分野では医療保険者による加入者に対する個別の周知などによってリフィル処方箋の周知・広報を行うとした。


【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【2024.06.17配信】東京都薬剤師会の髙橋正夫会長は6月15日の通常総会で挨拶し、最近の薬剤師会を取り巻く状況について解説した。


ランキング


>>総合人気ランキング