【発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布】 東京都は薬局対象外、大阪府は薬局対象に

【発熱外来受診に代えた抗原検査キット無料配布】 東京都は薬局対象外、大阪府は薬局対象に

【2022.08.02配信】国が進める「発熱外来の受診に代えた抗原検査キットの無料配布」。外来医療のひっ迫を踏まえ、発熱外来において、受診に代えて抗原定性検査キットを重症化リスクの低い有症状者に配布し、医療機関の受診を待つことなく健康フォローアップセンター等での健康観察を受けることができる体制の整備を自治体に要請している。この配布先に薬局を選択肢に入れてよいとされているが、実際に薬局を配布先とするかどうかは、あくまで地域事情に応じた都道府県の判断にゆだねられている。このほど、本メディアの取材により、東京都は薬局を対象外とし、大阪府は薬局を対象とすることが分かった。


 これまで薬局からの抗原検査キットの供給に関しては、通常の医療用抗原検査キットの販売(有料)に加えて、都道府県などが実施している無料化検査事業における協力などがある。

 両方とも基本的には無症状の人を対象としており、これまでのスキームでは陽性が判明した場合は、受診を勧奨することになっている(無料化検査事業は都道府県により対象の要件が異なる)。

 今回は、前述のこれまでの取り組みに加えて、発熱外来の受診に代えて、有症状の人に対して抗原検査キットを無料配布するスキームを加えるもの。発熱外来のひっ迫を踏まえた措置だ。
 
 この配布先として、検査・診療医療機関に限らず、地域外来検査センターに加えて、公共施設や薬局も考えられることを明確にしているもの。
 配布先を医療機関や検査機関に限定するのか、それとも薬局も含めるのかは、あくまで都道府県の判断に委ねられる。

 こうした中、東京都は薬局を対象外とする見込みだ。8月1日午前、本メディアの電話取材に対し、東京都は「薬局を配布先とすることは見送る方針」と回答した。
 一方で、大阪府は「薬局を対象として含めることで早急に対応中」と回答。加えて、大阪府の薬局関係者に電話取材したところ、大阪府では大筋で薬局を対象とする方針で調整済みという。

従来の「販売」でも混乱/取り扱いリスト薬局でも対応困難事例も/「7月は6 月比で6倍の需要」

 通常の「抗原検査キットの販売」に関して、厚労省は「取り扱い薬局リスト」を公開。大手調剤チェーン企業や調剤併設ドラッグストア企業などがいち早くリスト掲載に至っている。
 加えて、医療用抗原定性検査キットを取り扱う薬局の一覧を掲載している薬剤師会として、 福島薬剤師会、広島県薬剤師会、香川県薬剤師会が掲載に至っている。

 ただ、リストに掲載した大手企業によると、リスト公開もあいまって、抗原検査キットへの問い合わせが急増。日によって在庫切れの店舗も増えているという。
 ある大手企業は、医療用の抗原検査キットの7月の販売個数(無料化検査事業と販売分含む)は、6月月間販売個数の約 6 倍となっているとした。

報道と実施のタイミングのズレ/薬局に“無料の抗原検査キットください”の 問い合わせ

 「報道」と「実施」のタイミングのズレの問題を指摘する声もある。

 “薬局での無料配布”の可能性を、政府は7月 25 日には決定し、発表にしたがい、26 日にはその内容が報道された。

 しかし、この時点で薬局での無料配布が始まっていたわけでもなければ、都道府県ごとの対応方針も全く未定であった。
 こうした中で、薬局では「無料の抗原検査キットをください」といった市民からの問い合わせが急増し、対応に苦慮する薬局が少なくなかった。

 さらに、需要急増によって在庫が逼迫し、欠品する薬局も出ていた。在庫があっても値段を提示すると「無料だと報道されていた」と来局者から怪訝な顔をされるケースも発生している。

 一概には言えないが、「実施」の状況が整ってから報道発表するような対応も、今後、検討する余地があるのではないだろうか。

この記事のライター

最新の投稿


【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【抗菌薬調査】生活者の4割が「ウイルスをやっつける」と誤認/AMR臨床リファレンスセンター調査

【2023.02.07配信】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンターは2月7日、抗菌薬(抗生物質)の処方に関する生活者調査の結果を公表した。それによると、生活者の4割が抗菌薬の効果について「ウイルスをやっつける」と誤認していることなどがわかった。同センターでは、細菌に抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性(AMR)の原因の1つとして抗菌薬の不適切な使用が挙げられており、薬の正しい使用のためには生活者自身の正しい認識が必要としている。


【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【4月の調剤報酬特例措置】日本薬剤師会が取組事例など周知/薬剤師会作成のリストやシステムで在庫状況の共有など

【2023.02.06配信】日本薬剤師会は、令和5年4月1日からの診療報酬上の特例措置に関する各種通知・事務連絡等を都道府県薬剤師会などに送付した。特に地域支援体制加算では、新たな施設基準の追加があり、「地域の保険医療機関・同一グループではない保険薬局に対する在庫状況の共有」や「医薬品融通」などの取組事例が求められている。これらに関し、日本薬剤師会として具体的な内容の考え方を示したもの。


【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【セルフケア薬局のGOOD AID】JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗で保険調剤を本格稼働

【2023】「セルフケア薬局」を展開しているGOOD AID社は、JR西国分寺駅(東京都)のホーム内店舗である「セルフケア薬局 nonowa西国分寺店」で、保険調剤を本格稼働させると発表した。


【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【厚労省薬機法施行規則改正でパブコメ開始】登録販売者の店舗管理者要件の見直し/従事期間を1年でも可に、ただし追加的研修は必要

【2023.02.02配信】厚生労働省は2月1日から、薬機法の施行規則の一部を改正する省令案についてパブリックコメントを開始した。登録販売者の店舗管理者要件の見直しに関するもので、従事期間が1年の場合でも可能にするが、追加的研修は必要とする。「規制改革実施計画」(令和4年6月7日閣議決定)に基づくもの。


【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング