【明治薬科大学・越前学長】フォーミュラリの教育現場での活用を提唱/「同種同薬効の中で最善の薬剤を選択する過程を学ぶのに有用」

【明治薬科大学・越前学長】フォーミュラリの教育現場での活用を提唱/「同種同薬効の中で最善の薬剤を選択する過程を学ぶのに有用」

【2021.10.11配信】明治薬科大学学長の越前宏俊氏は10月11日、日本調剤が主催したフォミューラリシリーズ勉強会で講演し、フォーミュラリが薬学教育現場でも活用できることを提唱した。同種同薬効の多数の薬剤の中で、「患者に望ましい医薬品を1つや2つ選択するには薬価収載本やガイドラインでは足りず、フォーミュラリが有用」との考えを示したもの。


「“薬物治療教育フォーミュラリ”があってもいい」

 明治薬科大学学長の越前宏俊氏は、北海道大学医学部医学科を卒業後、明治薬科大学教授、薬学科長などを経て学長に就任したが、医師として勤務している時に、標準治療のあり方に疑問を持っていたという。
 「中には『私の治療』という本があるほど、医師の診療方針が尊重されてきた歴史があるが、一人の医師では患者数にも限りがあり、標準治療というのはあるべきではないかとの考えを持っていた」(越前氏)とする。

 一方、薬学教育の現場で薬剤師を目指す学生に、同種同薬効の中で患者に最適な薬剤が選択できるかというとそうはなっていない現実があるという。
 「例えば、『気管支喘息の患者に適した薬剤は』と質問すると、『●●です。保険収載もされているのだから合格点ですよね』と即答されることもある。これでは最善の薬剤の選択にはなっていないが、たしかに薬価収載医薬品集には記載があるし、ガイドラインにも記載はある。また現実的に医師の処方もさまざまだ。しかし、薬学教育では最善の薬剤を1つに絞るまではいかなくとも、1つか2つを答えられて、その理由について『こういうデータがあるからです』と答えられるまでにはなってほしい」と話した。

 そのためには、何か参考指標になるものが必要であり、フォーミュラリが有用であるとの考えを示した。
 海外の情報では日本の添付文書や薬価に合わない可能性もあるため、日本の経済性にも応えられるフォミュラリが有用だとした。
 
 「病院フォーミュラリや地域フォーミュラリなど、フォーミュラリには冠が付くが、“薬物治療教育フォーミュラリ”なるものがあってもいいと私は思っている」(越前氏)。

 実際の活用方法については、「最初から教科書的に示すと努力の経過が体験できない」として、教員が付随した情報に基づいて議論をリードしつつフォミュラリを示すことが考えられるとした。

 
 日本調剤では、FINDAT(ファインダット)の名称で、医薬品情報(DI:Drug Information)の収集・評価を一元管理し、医薬品情報の標準化と効率化を支援するウェブプラットフォームを展開している。中立的に評価した国内外の各種ガイドラインやグローバルで信頼性の高い有料の二次情報データベースなどから、網羅的に収集した医薬品情報の配信や、実務に役立つ医薬品情報の提供を行う。原著論文の査読や新薬に関する情報収集など、DI 業務に係る負担が軽減され、対人業務やチーム医療の充実に貢献するとしている。
 明治薬科大学では、2021年8月1日からFINDATを導入した。

 日本調剤では、「2025 年問題が目前に迫り、2015 年度以降概算医療費が 40 兆円を超え続けている昨今において、高額製剤を含む医薬品使用の適正化を医療従事者自らで進めることが期待されており、その有効な手段の一つとしてフォーミュラリーが注目を集めている」と問題提起。その上で、「医薬品マネジメント手法として欧米を中心に導入が進んでいるフォーミュラリーは、わが国でも 2022 年度診療報酬改定に向けて議論がなされるなど、医療の効率化・医薬品使用の適正化の観点から本格的導入に向けての機運が高まっている」としている。

 FINDATは作成手順を公開し、透明化。立案されたフォーミュラリーは、中立性を担保するために医師、薬剤師、看護師、弁護士などの専門家で構成する「フォーミュラリー検討有識者委員会」で厳正に審査されている。

 現在、14日間の無料トライアルも展開しているという。
https://info.findat.jp/information/p804/

この記事のライター

関連する投稿


【日本調剤】DX戦略策定/電子処方箋時代見据え「場所に依存しない」シームレスなサービス提供を志向

【日本調剤】DX戦略策定/電子処方箋時代見据え「場所に依存しない」シームレスなサービス提供を志向

【2021.09.02配信】日本調剤はDX戦略を策定し、公表した。2023年1月に開始が見込まれている電子処方箋の利活用を見据え、「場所に依存しない」シームレスなサービス提供を目指すとしている。


日本調剤、オンライン服薬指導システムを自社開発。患者情報と連携もメリット

日本調剤、オンライン服薬指導システムを自社開発。患者情報と連携もメリット

【2020.09.01配信】日本調剤は、「日本調剤 オンライン薬局サービス」と銘打った、オンライン服薬指導サービスを自社開発し、9月1日から提供を開始する。9月1日から改正薬機法でオンライン服薬指導が可能になったタイミングに合わせたもの。予約機能・ビデオ通話機能を備える。これまでオンライン服薬指導に関わるシステムに関しては、IT企業が開発したものを医療機関側が採用、それと同じものを薬局が活用するという流れが少なくなかったが、同社の取り組みは薬局側からシステム活用を促進する流れといえそうだ。患者情報と連携できることもメリットの一つといえる。


日本調剤、ICT投資と機械化を推進

日本調剤、ICT投資と機械化を推進

【2020.05.16配信】日本調剤は、売上高は、2020年3月期決算を発表した。 決算説明会資料では、ICT投資と機械化の徹底した推進を表明している。


日本調剤の「お薬手帳プラス」、感染拡大予防策の好事例として紹介

日本調剤の「お薬手帳プラス」、感染拡大予防策の好事例として紹介

【2020.04.29リリース配信】全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原 庸介、以下「日本調剤」)は、経済産業省、農林水産省、消費者庁と公益財団法人流通経済研究所が連携して開設した「新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組事例を紹介するサイト(https://distribute-dei-taisaku.jp/)」において、同社の電子お薬手帳「お薬手帳プラス」を活用した迅速なお薬の受け渡しなどの複数の取組が調剤薬局の好事例として紹介されたことを告知した。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事