【明治薬科大学・越前学長】フォーミュラリの教育現場での活用を提唱/「同種同薬効の中で最善の薬剤を選択する過程を学ぶのに有用」

【明治薬科大学・越前学長】フォーミュラリの教育現場での活用を提唱/「同種同薬効の中で最善の薬剤を選択する過程を学ぶのに有用」

【2021.10.11配信】明治薬科大学学長の越前宏俊氏は10月11日、日本調剤が主催したフォミューラリシリーズ勉強会で講演し、フォーミュラリが薬学教育現場でも活用できることを提唱した。同種同薬効の多数の薬剤の中で、「患者に望ましい医薬品を1つや2つ選択するには薬価収載本やガイドラインでは足りず、フォーミュラリが有用」との考えを示したもの。


「“薬物治療教育フォーミュラリ”があってもいい」

 明治薬科大学学長の越前宏俊氏は、北海道大学医学部医学科を卒業後、明治薬科大学教授、薬学科長などを経て学長に就任したが、医師として勤務している時に、標準治療のあり方に疑問を持っていたという。
 「中には『私の治療』という本があるほど、医師の診療方針が尊重されてきた歴史があるが、一人の医師では患者数にも限りがあり、標準治療というのはあるべきではないかとの考えを持っていた」(越前氏)とする。

 一方、薬学教育の現場で薬剤師を目指す学生に、同種同薬効の中で患者に最適な薬剤が選択できるかというとそうはなっていない現実があるという。
 「例えば、『気管支喘息の患者に適した薬剤は』と質問すると、『●●です。保険収載もされているのだから合格点ですよね』と即答されることもある。これでは最善の薬剤の選択にはなっていないが、たしかに薬価収載医薬品集には記載があるし、ガイドラインにも記載はある。また現実的に医師の処方もさまざまだ。しかし、薬学教育では最善の薬剤を1つに絞るまではいかなくとも、1つか2つを答えられて、その理由について『こういうデータがあるからです』と答えられるまでにはなってほしい」と話した。

 そのためには、何か参考指標になるものが必要であり、フォーミュラリが有用であるとの考えを示した。
 海外の情報では日本の添付文書や薬価に合わない可能性もあるため、日本の経済性にも応えられるフォミュラリが有用だとした。
 
 「病院フォーミュラリや地域フォーミュラリなど、フォーミュラリには冠が付くが、“薬物治療教育フォーミュラリ”なるものがあってもいいと私は思っている」(越前氏)。

 実際の活用方法については、「最初から教科書的に示すと努力の経過が体験できない」として、教員が付随した情報に基づいて議論をリードしつつフォミュラリを示すことが考えられるとした。

 
 日本調剤では、FINDAT(ファインダット)の名称で、医薬品情報(DI:Drug Information)の収集・評価を一元管理し、医薬品情報の標準化と効率化を支援するウェブプラットフォームを展開している。中立的に評価した国内外の各種ガイドラインやグローバルで信頼性の高い有料の二次情報データベースなどから、網羅的に収集した医薬品情報の配信や、実務に役立つ医薬品情報の提供を行う。原著論文の査読や新薬に関する情報収集など、DI 業務に係る負担が軽減され、対人業務やチーム医療の充実に貢献するとしている。
 明治薬科大学では、2021年8月1日からFINDATを導入した。

 日本調剤では、「2025 年問題が目前に迫り、2015 年度以降概算医療費が 40 兆円を超え続けている昨今において、高額製剤を含む医薬品使用の適正化を医療従事者自らで進めることが期待されており、その有効な手段の一つとしてフォーミュラリーが注目を集めている」と問題提起。その上で、「医薬品マネジメント手法として欧米を中心に導入が進んでいるフォーミュラリーは、わが国でも 2022 年度診療報酬改定に向けて議論がなされるなど、医療の効率化・医薬品使用の適正化の観点から本格的導入に向けての機運が高まっている」としている。

 FINDATは作成手順を公開し、透明化。立案されたフォーミュラリーは、中立性を担保するために医師、薬剤師、看護師、弁護士などの専門家で構成する「フォーミュラリー検討有識者委員会」で厳正に審査されている。

 現在、14日間の無料トライアルも展開しているという。
https://info.findat.jp/information/p804/

この記事のライター

関連する投稿


【日本調剤】三津原社長が退任/「健康上の理由」/後任は笠井常務

【日本調剤】三津原社長が退任/「健康上の理由」/後任は笠井常務

【2024.04.30配信】日本調剤は4月30日開催の取締役会で、「代表取締役の異動及び取締役・執行役員に対する業務委嘱事項の変更」について決議したと公表した。


【姫路獨協大学】薬学部医療薬学科の学生募集を停止/令和7年度入学者募集から

【姫路獨協大学】薬学部医療薬学科の学生募集を停止/令和7年度入学者募集から

【2024.04.02配信】姫路獨協大学(兵庫県姫路市)は4月1日、薬学部医療薬学科の学生募集を停止すると公表した。


【日本調剤】自社OTC医薬品シリーズに総合風邪薬を追加/「トピックスーパー風邪薬」

【日本調剤】自社OTC医薬品シリーズに総合風邪薬を追加/「トピックスーパー風邪薬」

【2023.12.04配信】日本調剤はこのほど、税込550円均一の同社OTC医薬品プライベートブランド『5COINS PHARMA』の新商品として、「トピックスーパー風邪薬」を追加した。12月4日よりヘルスケア通販サイト「日本調剤オンラインストア」(https://store.nicho.co.jp/)において、12月15日より全国の日本調剤の店舗と同社グループ以外の一部薬局において販売する。


【日本調剤】企業でのオンライン栄養相談を開始/自社オンライン服薬指導システム「NiCOMS」の活用で

【日本調剤】企業でのオンライン栄養相談を開始/自社オンライン服薬指導システム「NiCOMS」の活用で

【2023.11.07配信】日本調剤(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原 庸介氏)は、企業でのオンライン栄養相談を開始したと公表した。株式会社STAYGOLD(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏村 淳司氏)の社員が対象。日本調剤独自開発のオンライン服薬指導システム「NiCOMS(ニコムス)」を活用する。


【地域フォーミュラリ】作成目的に“医薬品安定供給確保”の要素拡大/飯田下伊那薬剤師会(長野県飯田市)の事例

【地域フォーミュラリ】作成目的に“医薬品安定供給確保”の要素拡大/飯田下伊那薬剤師会(長野県飯田市)の事例

【2023.10.24配信】これまで「医療費の適正化」や「標準薬物治療の推進」などが目的とされることが多かった地域フォーミュラリの作成。ここに、明らかにもう1つの理由が追加されるようになってきた。医薬品の安定供給確保だ。10月22日に開かれた「日本フォーミュラリ学会学術総会」で一般演題発表した飯田下伊那薬剤師会(長野県飯田市)は、会員薬局から安定供給確保への強い要望があったことを受け、安定供給確保が見込めるPPI3成分について銘柄を含めて選定したとした。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。