【マスクシンドローム】医薬品の価値見直される/大木ヘルスケアHD会見

【マスクシンドローム】医薬品の価値見直される/大木ヘルスケアHD会見

【2021.07.09配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは、同社のカテゴリー提案商談会を開催するにあたり、7月9日に会見を開いた。この中で長期的なマスク着用によるさまざまな悩みを抱えるマスクシンドロームなどのコロナ禍特有ともいえる需要が高まっており、その対応として同社が得意とする医薬品カテゴリーの価値が見直されているとの考えを示した。


 同社では、流通業界を直撃する少子高齢化に関して、コモディティ商品の売上減少は避けられないとの考えを示し、今後は1つのカテゴリーを軸に周辺ニーズをきめ細かくリサーチし取り扱い商品を拡大していく「ラインロビング」が改めて重要になっているとの考えを示した。

 特に同社では補聴器活用による高齢者層におけるコミュニケーションのサポートを提案してきており、今回の商談会でも提案を強化する。
 コンタクトレンズの取り扱いに関しても、ケア用品を取り扱っているドラッグストアの取り扱いは親和性があり、健康・美容のラインロビングとして拡充を訴える。

 コロナ禍においてマスクの長期的な使用によってさまざまな悩みを抱えるマスクシンドロームに対しては、効能効果のある医薬品の価値も見直されているとした。
 例えば頭痛の悩みには解熱鎮痛薬が用いられることはもちろん、マスク着用によって、自らの口臭への関心の高まりもあり、これには医薬品の歯肉炎対策商品などがある。

 マスクかぶれやニキビの悩みには皮膚用薬が重宝される。

 こうした悩みの拡大に対して、従来通りの訴求ではなく、「マスク生活の悩み」に着眼しての提案が必要になってきていることも指摘した。

 さらにはコロナ患者においても自宅療養が必要になる可能性もあり、そういったケースを想定し、ドラッグストアや薬局の店頭から例えば使い切り手袋等の備えに関して情報提供をしていく役割も指摘している。

 リモートワークの拡大で、生活リズムがつかみづらくなっているケースも増えており、まずは、リズムを自らつくっていくことの提案も有用。
 案として、6時からは筋トレ、7時から食事、9時から入浴、10時にはストレッチ、11時には就寝という「ナイトルーティーン」を定めていく。その上で、このナイトルーティーンのそれぞれの行動を支援する商品を提案していく手法を紹介した。例えば、入浴タイムにおいてリフレッシュ効果のある入浴剤を薬局やドラッグストアから提案することができる。

 会見した同社社長の松井秀正氏は、「例えば風邪の流行が減少しているなどのことから、解熱鎮痛薬の品揃えをおさえるなどということも考えられるが、解熱鎮痛薬はコロナワクチンの副反応である微熱等の対応として活用できるなどのことがある。従来通りの提案ではなく、新たな時期、切り口を考慮したコロナ禍の環境に応じた提案も重要になっている」と話した。

この記事のライター

最新の投稿


【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日、組織改編と人事異動を公表した。異動日は8月24日の予定。


【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日に、「代表取締役の異動に関するお知らせ」を公表した。現・代表取締役会長である宇野正晃氏が、代表権のない会長となる予定。8月24日開催の定時株主総会及びその後に開催予定の取締役会で正式に決定される予定。


日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

【2021.08.02配信】日本セルフケア推進協議会(三輪芳弘代表理事=写真左)は、セルフケア推進に関する要望書を厚労省に提出した。厚生労働省大臣官房長 大島一博氏(写真右)、政策統括官 伊原和人氏、医政局長 迫井正深氏に手交 した。


【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【2021.07.30配信】ココカラファイン薬局では『検体測定室』という利用者自らによる血液検査による健康チェックを提供している。手ぶらで気軽に受けられ、測定数値にあわせて薬剤師から健康アドバイスがもらえるサービスだ。短時間で簡単に測定できることが評判になり、2021年7月現在、検体測定室の導入店舗は114店舗まで拡大。地域の健康増進に貢献している。今回は検体測定室に密着、実際に血液検査を受けてみて、実際にかかった時間やサービス満足度などをレポートする。サービスを受けるまでのステップも記載するので興味のある方は是非参考にしてほしい。


【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【2021.07.30配信】ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之氏) は、同社の統計データをもとにドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を公表した。それによると、ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも伸び率ランキング1位になってる。ワクチン接種が進んだことによる影響と考えられるとしている。


ランキング


>>総合人気ランキング