【中医協_意見交換会】日薬森氏、終末期対応の薬局へ評価拡充求める

【中医協_意見交換会】日薬森氏、終末期対応の薬局へ評価拡充求める

【2023.05.18配信】厚生労働省は5月18日に「令和6年度の同時報酬改定に向けた意見交換会(第3回) 」を開催し。「人生の最終段階における医療・介護」などをテーマとした。この中で日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、終末期に対応する薬局は頻回訪問や夜間休日対応を行っているためかなりの負担が発生しているとし、「何かしらの配慮が必要と考える」と指摘。終末期に対応している薬局に対する評価拡充を求める考えを示唆した。


 日薬・森氏は「人生の最終段階における医療・介護」の現状に関して、近年、緩和ケアについては早期から積極的に使用することや患者が納得するレベルまで痛みが取れるよう使用するなど考え方が変化してきていることを指摘。医療用麻薬に対応できる薬局は、全国で約5万2000軒あるとも説明。医療用麻薬等については、現在、多種多様な開発が進んでいることもあり、多くの製品が販売されていることも指摘した。管理や流通に関しては、関係法令を重視する必要もあるとした。
 その上で、患者の状態変化に応じた情報共有の強化が必要と指摘。「特に高用量の注射薬が急に必要となったとしても必ずしもその時々に必要となるものが薬局に備蓄されているわけではなく、取り寄せるにも時間がかかることもある。そのため医療用麻薬等を適時・円滑に供給するためには医療機関等から薬局に対して緩和ケアを受ける患者に関する情報や状態の変化に応じた治療計画があらかじめ適切に共有されていることが必要」と述べた。

 また、終末期に対応する薬局の負担への理解を求めた。「終末期には患者の状態も刻々と変化するため、その対応のために頻回訪問も必要な場合があり、特に夜間休日の緊急時に対応するためには時間外対応の視点も重要。必要となる麻薬の備蓄や夜間休日対応は日頃から医療機関や訪問看護ステーション等の関係機関と連携しておくことで地域の薬局がいつでも円滑に対応できるようになるので連携体制の構築が不可決と考える。医療用麻薬の管理や調剤は法令上の規制を遵守しての対応が必要。その手間がかかるためこれを頻回に行ったり、夜間休日対応を行ったりしている薬局にはかなりの負担が発生している。このよう薬局について何かしらの配慮が必要と考えるため、今回の改定の議論ではそのあたりも含めて検討できるようお願いできればと思う」と述べた。

健保連・松本氏「専門医が薬剤師と連携して在宅でも疼痛のコントロールが適切に行われるようにする必要」

 健康保険組合連合会理事の松本真人氏は、本人の意思を共有する仕組みの議論が必要と指摘。「本人の意思に基づく医療・介護を提供するためにはICTを活用して救急現場を含めて関係者間で情報が共有される必要があるということはほかの委員からも意見が出ている。ただ、これをどんな形でどんな方法で、という仕組みの構築についてもっと議論する必要があると感じている」と述べた。
 その上で緩和ケアにおいては次のように述べた。「最後に緩和ケアの提供についてだが、専門医が薬剤師と連携して在宅でも疼痛のコントロールが適切に行われるようにする必要があると考えている」とした。

この記事のライター

関連するキーワード


中医協

関連する投稿


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【厚労省_中医協】マイナ保険証の利用実態を調査へ

【厚労省_中医協】マイナ保険証の利用実態を調査へ

【2024.06.12配信】厚生労働省は6月12日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、マイナンバーカードの保険証利用の利用実態等に係る医療機関・薬局へのヒアリングを実施することを了承した。


【厚労省_中医協】薬局の夜間・休日等における医薬品提供体制の状況調査へ/令和6年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査の実施

【厚労省_中医協】薬局の夜間・休日等における医薬品提供体制の状況調査へ/令和6年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査の実施

【2024.06.12配信】厚生労働省は6月12日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開いた。


【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【2024.05.15配信】厚生労働省は5月15日、中央社会保険医療協議会(中医協) 総会を開催した。


【令和6年調剤報酬改定_答申】基準見直しの調剤基本料「2ーイ」、集中率上位3医療機関で7割超

【令和6年調剤報酬改定_答申】基準見直しの調剤基本料「2ーイ」、集中率上位3医療機関で7割超

【2024.02.14配信】厚生労働省は2月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、答申について議論し、最終案を提示した。


最新の投稿


【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【2024.06.19配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月18日・19日の両日、「2024OHKI秋冬用カテゴリー提案商談会」を開催。会期中に同社社長の松井秀正氏が会見を行った。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。特定薬剤管理指導加算3ロについては、必要かつ十分な説明を行えば10月1日より前の時点でも算定可能とした。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。


【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【2024.06.18配信】政府のデジタル行財政改革会議は6月18日、「デジタル行財政改革 取りまとめ2024」を公表した。医療分野では医療保険者による加入者に対する個別の周知などによってリフィル処方箋の周知・広報を行うとした。


【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【2024.06.17配信】東京都薬剤師会の髙橋正夫会長は6月15日の通常総会で挨拶し、最近の薬剤師会を取り巻く状況について解説した。


ランキング


>>総合人気ランキング