【日本チェーンドラッグストア協会】3年ぶりのリアルでドラッグストアショー開催へ

【日本チェーンドラッグストア協会】3年ぶりのリアルでドラッグストアショー開催へ

【2022.07.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は、「第22回JAPANドラッグストアショー」を8月19日(金)〜21日(日)の3日間、東京ビッグサイトで開催する。3年ぶりのリアルでの開催となる。リアル開催に併せ、オンライン展も8/12(金)〜28(日)の17日間実施する。


「for ビジネス会場」を初めて設置、RFIDゾーンなどのビジネス商談が可能

 「JAPANドラッグストアショー」は日本チェーンドラッグストア協会が主催するアジア最大級規模の約12万人が来場するドラッグストアの祭典だ。「ドラッグストア業界の総力を集め“セルフメディケーション”を支える様々な商品・情報・システムが一堂に集結する展示会」としている。

 今回は初となる「for ビジネス会場」を設置。RFIDゾーンなどのビジネス商談が可能となっている。

 会期は2022年8月19日(金)〜21日(日)、10:00~17:00。
 会場は東京ビッグサイト(東 3~6 ホール)。
 入場は無料。
 出展規模は331社、1002小間(予定)。

 リアル展示会の開催は3年ぶり。今回の開催テーマは、『ドラッグストアが目指す、持続可能な地域と街づくり~一人 ひとりのセルフメディケーションから~』。これからのドラッグストア業界の取り組み提案や“セルフメディケーションのさらなる理解促進と啓発”のため の最新情報を発信しながら、健康や美容、生活に役立つ商品等を一堂に展示する。

リアルとオンラインのハイブリッド開催/オンライン展は 8/12(金)~28(日)の 17 日間

 また、併催として、東 3 ホールで行う「for ビジネス会場」では、8/19(金)・20(土)2 日間の会期で、ビジネス商談に特化した専用会場を展開。
 リアルとオンラインのハイブリッド開催とし、オンライン展を 8/12(金)~28(日)の 17 日間開催する。

 イベント詳細は以下の通り(開催案内より)。

 例年来場者の好評を博しているライフスタイル ソリューション 2022 は、「メンズビューティエリア」、「SDGs エリア」、「キッズエリア」の 3 エリアで構成。体験を交えて大人から子供まで“楽しく”“学べる”“役立つ”、暮ら しに直結した様々な最新情報を発信します。
 一方、JACDS テーマブース 2022 では、地域と生活に貢献する、新しい役割・機能構築を実現するため に「環境問題(SDGs)への取り組み」、「食と健康」実証実験報告、「薬事関連制度と健康食品関連制度の動 向」など、様々な協会活動を通して「進化するドラッグストア!」を多角的に紹介します。
 主催者特別企画として、近年社会的に関心の高いテーマ食と健康・SDGs 推進をゾーンとして展開し、出 展メーカーを通して新しいマーケット創造と業界を挙げた社会貢献活動に関する情報を発信します。この 他、出展企業の新商品を一堂に展示して好感度投票を行う新商品コレクション、ビジネスや健康・美容に関 する各種セミナー、元アスリートやお笑い芸人が登場するイベントステージなども予定しています。

【コーナー展示・イベント】

≪ライフスタイル ソリューション 2022≫ 健康で美しく快適な暮らしのための最新トレンド
 生活者の暮らしに役立つ旬なテーマを集め、体験を交えて大人から子どもまで楽しく学べて すぐに実践でき、より上質で快適な生活をおくるライフスタイル情報を発信します。 (記載した内容は、状況により変更となる場合があります。予めご了承ください)

■メンズビューティエリア
 男性の美容意識が高まる今、基本のケアから最新のメンズ美容用品の紹介やユーザーの意見をま とめた調査結果の紹介など、展示やステージを通し最新情報をご紹介します。
・ステージプログラム
 メンズ美容の専門家によるトークショーや出展各社によるセミナーステージを行います。メンズ美容につい て、興味はあるが手を出せずにいる方やその家族・パートナーにも役に立つ、いまさら聞けない基礎知識、 女性にも役立つ最新お手入れ方法など、様々な情報を発信します。

【出演者】
美容 YouTuber メイクアップアーティスト 美容 WEB ライター 宮永 えいと 氏 高橋 弘樹 氏 稲垣 綾香 氏
・メンズビューティ商品の展示コーナー
近年メンズビューティ関連市場の拡大により需要が高まり、ドラッグストア店頭でも取り扱いが多くなり、目に することが多くなった、メンズビューティ関連商品が一堂に揃い、新しい商品が発見できます。出展各社によ る関連商品の展示紹介コーナーです。
・メンズビューティ 市場調査結果のご紹介
メンズビューティ市場を牽引する、美容意識の高い男性たちが持つ興味や行動を調査した「メンズ美容調査 アンケート」の結果を紹介し、求められるアイテムや使用感、女性側の受容状況、世代別の違いなど、最新 の調査結果を紹介します。また、男性がメイクをした場合の印象の変化を「ビフォー・アフター」でお見せし て、男性メイクに対するこれまでのイメージを払拭し、これからのあり方をご提示します。 (協力:@cosme、メンズメイク研究所)

■SDGs エリア
持続可能な社会を実現するための開発目標「SDGs」に関する情報発信を行う エリアです。展示や体験を通して理解を深め、身近なところから簡単に取り組める 実践的な内容でご紹介します。
・企業の取り組み・商品紹介コーナー
出展各社による SDGs への取り組みおよび関連商品の展示紹介を行います。
・NEXT企業の紹介コーナー
SDGs活動が活発な先進企業およびその商品を展示紹介します。
・SDGs学習コーナー
 子どもたちは学校の授業を通じて「SDGs」の学習が進んでいます。より正しい知識を身に付けるために、サ スティナブルアカデミー認定ファシリテーターによる指導で、子どもから大人まで楽しく学べる参加型 SDGsゲ ームを行います。ゲーム後には「SDGs 検定」を実施し、合格者にはオリジナルの認定証を贈呈します。 (協力:サスティナブルアカデミー、一般社団法人 SDGsサポート)
・そらぷちキッズキャンプ
 そらぷちキッズキャンプは、難病とたたかう子どもとその家族のための医療ケ ア付キャンプ場を運営しています。8/12~21 の期間中、難病とたたかう子どもとその家族を応援する「WEB チャ リティオークション」を実施します。チャリティ品は出展社やイベント出演者ほ かから寄贈いただき、集まった寄付金は「難病とたたかう子どもと家族のため の夢のキャンプ実現」に活用します。会場内のブースでは、上記活動紹介の ほかに施設見学がバーチャルでできる、VR 映像上映や VR ゴーグルを使っ た体験もご用意しております。 (協力:公益財団法人そらぷちキッズキャンプ)

■キッズエリア
 夏休みのこども達を対象とした、体験型学習コーナーです。スポーツ、科学、お仕事体験など、この夏 様々な体験を通して、こども達の未来を応援します。
・こどもスポーツエリア・記録への挑戦!
「より速く、より強く、そしてより遠くへ」。人間が持つこの欲求は、人間が持つ 特有の本能と言えると思います。人間が持つ能力や機能を、実験装置を使 いながら科学的に解析紹介します。また、実際に競技の体験をしながら、ス ポーツの起源や歴史を同時に学ぶことができます。
(協力:科学技術館)
・こども・サイエンスショー
おもしろ科学実験で夏休みの宿題をクリアしましょう!身近にある洗剤や 道具を使用し、様々な実験を行います。(メルヘンフラワー、シャボン玉を知ろう、じぶんだけのスライムを作ろう、クルキラ万華鏡 (協力:東京大学サイエンスコミュニケーションサークル)
・こどもやくざいし体験薬局
 お子さまを対象に、ドラッグストア薬剤師のお仕事(模擬調剤)を体験出来 ます。 現場で勤務する薬剤師による指導のもと、店舗で使用する機器を使って、 白衣を着たお子さまが模擬調剤体験を行います。 最後に「修了証」とご自分で袋に詰めたお薬(お菓子)をお持ち帰りいただ けます。

≪JACDS テーマブース 2022≫
進化するドラッグストア!
~地域と生活者に貢献する、新しい役割・機能構築実現へ~
 今まさに変遷期の時代。社会・地域・時代の変化に適応しながらドラッグストア業界が 10 兆円産業化を目指 しております。超高齢化・人口減少化社会への対応や社会的な役割構築とドラッグストアが地域社会に貢献 し進化成長するための、「SDGs 推進活動」「薬事関連制度・健康食品関連制度の動向と課題」「食と健康の 実証実験報告」や「受診勧奨ガイドライン」等の紹介。また、JACDS 委員会活動や研究推進活動、実態調査 などについて分かりやすくパネル等を展示し多角的に紹介します。
・SDGs 推進活動
SDGs 推進活動では、これまでプラスチックごみ削減活動の取組として、日用品における容器回収プロジェ クトを立ち上げ、ドラッグストア店舗協力の基に実証実験を行いました。今回、さらなる普及推進を目的に、 SDGs 委員会の活動概要と環境省3R キャンペーン対象商品、“地球と共に健康に”CEP 等について紹介し ます。
・薬事関連制度・健康食品関連制度の動向と課題
ドラッグストアが成長する要因の一つに、制度・行政動向を知り、対応環境を整え対応する施策がありま す。薬事関連では、頻発する制度改定、OTC 市場の拡大方策と課題、ドラッグストア調剤の展望と課題、オ ンライン化の動向と課題。健康食品関連では、食の機能性表示制度ができた背景や健康食品販売自主基 準等に焦点をあて解説します。
・食と健康の実証実験報告
街の健康ハブステーション推進委員会は、2022 年 3 月~6 月上旬にかけて、6 企業 16 店舗で「食と健康」 販売マニュアルに基づく新表示による実証実験を行いました。新表示による消費者の行動変化、実証実験 企業からの感想・ご意見をテーマブースで報告します。また、食と健康で表示可能なピクトグラムも公開予定 です。
・受診勧奨ガイドライン
JACDS 学術・調査研究委員会では、OTC 医薬品の販売時に、生活者から相談を受けることが多い医薬 品登録販売者を対象とした受診勧奨ガイドラインを作成し、会員企業にガイドラインに沿った受診勧奨の実 施を呼びかけている。テーマブースでは、医療機関としてのドラッグストアの役割、受診勧奨の意義、ガイド ラインの内容等について詳しく紹介します。
その他イベント
■RFIDゾーン (東3ホール 8/19・20)
 東展示棟 3 ホールで開催の「for ビジネス会場」では、ドラッグストア業界が取り組む RFID 利活 用によるスマートサプライチェーン(SSC)構築に関する専用ブースを展開します。メーカーでは在庫 状況や店舗の販売状況の見える化に、物流の現場では入出荷管理の効率化に、小売業では商品管理 および防犯に役立っています。活性化するドラッグストアの SSC 市場は、製・配・販いずれにとっ ても有益であることを当ゾーンで実機による実演を交えて展示紹介します。

■特別企画「食と健康ゾーン」 (東5ホール)
 ドラッグストア業界では近年、食と健康の関わる市場創造を拡大し、一大マーケットに成長して います。出展社ブースでは保健機能食品、健康食品、一般食品などの商品が揃い、ゾーン内では来場 者を対象としてセルフチェック機器を使った測定コーナー、試飲・試食コーナー、食と健康セミナ ーを実施。セルフチェック機器体験後には、ドラッグストア管理栄養士による栄養に関する相談も 可能です。

 ■食と健康アワード 2022
「食と健康」カテゴリーの創造と健康維持増進を目的に、優れた商品・素材を表彰する『食と健康 アワード 2022』を開催します。対象は、2021 年~2022 年春夏の新商品および同年度に特筆すべき動 きがあった既存品、ならびに注目すべき素材・成分で、各部門(保健機能食品部門、健康食品・一般 食品部門、素材・成分部門)からそれぞれ大賞・特別賞を選考。8 月 19 日(金)にイベントステー ジで表彰式を行います。また、受賞商品を「食と健康ゾーン」(東 5 ホール)に展示します。

■新商品コレクション2022 (東6ホール)
 2021 年 9 月~2022 年 8 月までに発売(発売予定含む)した各出展社の新商品を、カテゴリーごと に分類して一堂に展示します。リアル展・オンライン展双方でビジネス来場者・一般来場者別に好 感度投票を実施し、好感度の高い商品を表彰します。

■その他
≪イベントステージ≫
☆8月19日(金)
・Men’s Beauty AWARD 2022(2019年受賞者:生島ヒロシ/岩永徹也/魔娑斗/小野二郎/純烈)
・食と健康アワード2022表彰式
☆8月20日(土)
・メダリストに聞け!「羽根田卓也&宇田秀生トークショー~食とサプリとアスリート~」 (ゲスト:羽根田卓也、宇田秀生)
・「街の健康ステーション~ドラッグストアでセルフメディケーション~」 (ゲスト:安藤美姫)
☆8月21日(日)
・子どもたちに大人気のヒーローショー!「仮面ライダーリバース」 ・「スキンケア・ヘアケア・メイクアップ講座」(ゲスト:GENKING、ゆうちゃみ) ・「口臭予防の方法を教えます」(ゲスト:ゆうちゃみ) ほかにもお笑い芸人出演予定! ※上記内容は詳細決定次第、公式ホームページ等でお知らせいたします。

■健康(セルメ)川柳 ノミネート100作品紹介
一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会で募集している、セルフメディケーションや健康 づくりを題材にした川柳のノミネート作品を紹介します。

■特別セミナー
  ビジネス来場者向けのビジネスセミナー(8/19・20)と一般生活者向けのライフスタイルセミナ ー(8/20・21)を下記の通り開催します。いずれも注目度の高いテーマを取り入れた、情報満載のセミナーです。
・ドラッグストアにおけるセルフメディケーション推進と受診勧奨(仮)
・100年使える歯を作ろう ~家庭でできる、 一歩進んだオーラルケア
・「食と健康」実証実験 報告会(仮)
・よく知って「やっぱり安心、家庭薬」
・病気に負けないからだづくり
・経済産業省RFID実証実験報告会
・ サーキュラーエコノミ-の 実現に向けて(仮)
・「 なぜゴオロギ?」コオロギフードが話題の理由を考える
・どうなる?ドラッグストアでの薬剤師の働き方・未来展望
・消費税インボイスセミナー
・ 第17回セルフメディケーション アワード
・薬物乱用防止教室
・野菜足りてる? 野菜摂取量を増やすツールを 活用してバランスの良い食習慣
・フェムテック アプリでカンタン 肌チェック&大人メイク講座

<<出展ゾーン>>
1.ヘルスケアゾーン
 OTC(医薬品)、医薬部外品、医療用品、検査キット、健康器具、マタニティ、ベビー、サニタリー、エルダリー、リップケア、フットケア、口腔ケア、メディカルスキンケア、アイケア、コンタクトレンズケア、フィットネス 機器、健康関連 IT サービス、その他
2.ビューティケアゾーン
 ヘアケア、ヘアアクセサリー、ボディケア、オーラルケア、ハンドケア、ネイルケア、セルフ化粧品、カウンセ リング化粧品、メンズ化粧品、メンズケア用品、美容雑貨、美容器具、フレグランス、その他
3.SDGs ゾーン
 SDGs に根ざして製造開発された商品、環境配慮商品、エコ包装、プラスチック・食品ロスの削減、その他
4.食と健康ゾーン
 健康食品、保健機能食品、栄養機能食品、特定保健用食品、機能性表示食品、特別用途食品、栄養補 助食品、美容食品、ダイエット補助食品、健康調味料、自然食品、介護食、スマイルケア食品、栄養調整 食品、その他
5.フーズ&ドリンクゾーン
 一般食品、飲料、酒類、菓子、乾物、冷凍食品、缶・びん詰、レトルト食品、インスタント食品、日配・チル ド、調味料、その他
6.ライフケアゾーン
 マッサージ関連器具、体温計、血圧計、ウエアラブル機器、機能性ウエア(補正肌着・保温素材・抗菌加 工・健康装具等)、シニア介護・介助用品(衛生用具・生活支援用具等)、福祉等関連書籍、その他
7.ホームケアゾーン
 日用消耗品、台所用品、トイレ用品、バス用品、掃除用品、紙製品、洗濯・衣類ケア用品、その他家庭用 品、整理・収納用品、補修用品、工具類、セキュリティグッズ、除虫・殺虫剤、園芸用品、その他
8.ペットケアゾーン
 ペットフード・飲料、ペット用サプリメント、健康フード、食事関連用品、アクセサリー用品、教育玩具、ケー ジ、各種ケア用品、その他
9.エンジョイライフゾーン
 文房具・学用品、事務用品、デジタル文具、ラッピング用品・金封、梱包資材、電源アダプタ、パソコン周 辺機器、モバイルアクセサリー、生活雑貨、インテリア小物、トラベルグッズ、スポーツ雑貨、アウトドア・レ ジャー用品、自動車・自転車用品、パーティー用品、玩具・ゲーム関連、その他
10.ストア&ファーマシーソリューションゾーン
 店舗什器、冷凍冷蔵ショーケース、店舗設計・施工、店舗内外装、店舗設備、店舗セキュリティ製品、 POP、デジタルサイネージ、POS レジ、決済端末、RFID、ポイントカード、分包機、薬袋印刷システム、薬 歴管理システム、調剤支援システム、顧客管理システム、お薬手帳、検体測定室、健康サポート機能、イ ンバウンド対応関連、その他ストア向け ICT・システム・ソフト関連、その他
11.RFID ゾーン
 スマートサプライチェーン(SSC)構築の提案
12.その他ゾーン
 業界関連媒体・メディア、書籍、各種学校、フランチャイズ・ビジネスパートナーの募集(コンビニエンススト ア、介護サービス、生活支援・家事代行、フィットネス・ボディケア関係、フードビジネス、各種教室 等)、 その他

この記事のライター

関連する投稿


【ドラッグストア協会】コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用の成分名明示を報告

【ドラッグストア協会】コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用の成分名明示を報告

【2022.09.16配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月16日、定例会見を開き、コロナ自宅療養者に対応するOTC解熱剤服用に関して、厚労省から成分名が明示されたことを報告した。


【ドラッグストア協会】林芳正外務相が来賓挨拶「国際的に発展を」/若手経営者「勇気づけられた」

【ドラッグストア協会】林芳正外務相が来賓挨拶「国際的に発展を」/若手経営者「勇気づけられた」

【2022.08.19配信】日本チェーンドラッグストア協会は8月19日から、3年半ぶりのリアルとなる「JAPANドラッグストアショー」を開催。初日となる同日夜に開いたレセプションパーティーでは外務大臣の林芳正氏が来賓挨拶した。


【ドラッグストア協会】抗原検査キットのOTC化、「2類がよい」

【ドラッグストア協会】抗原検査キットのOTC化、「2類がよい」

【2022.08.19配信】日本チェーンドラッグストア協会は8月19日、「第22回JAPANドラッグストアショー」の会場で記者会見し、OTC化が決まった抗原検査キットについて「2類がよい」との考えを示した。登録販売者の活躍により、より多くの場を提供できることにつながるとした。


【日本チェーンドラッグストア協会】「ドラッグストアショー東京開催で認知拡大期待」大賀実行委員長

【日本チェーンドラッグストア協会】「ドラッグストアショー東京開催で認知拡大期待」大賀実行委員長

【2022.07.15配信】日本チェーンドラッグストア協会は7月15日、ドラッグストアショー開催に関する会見を開いた。これまで長らく千葉県の幕張メッセを会場としてきたが、今年は東京の「東京ビッグサイト」を会場とする。実行委員長を務める大賀崇浩氏(大賀薬局社長)は、東京が会場になることでより認知が拡大することに期待を寄せた。


【日本チェーンドラッグストア協会】厚労省安藤セルメ推進室長が登壇/ドラッグストアショーで

【日本チェーンドラッグストア協会】厚労省安藤セルメ推進室長が登壇/ドラッグストアショーで

【2022.07.15配信】日本チェーンドラッグストア協会は7月15日、定例会見を開いた。この中で、8月19日(金)〜21日(日)の3日間開催を予定している「第22回JAPANドラッグストアショー」の中で厚生労働省医政局経済課課長 セルフケア・セルフメディケーション推進室室長の安藤公一氏が登壇する予定だとした。


最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング