【オンライン診療検討会】初診からに「適さない症状・医薬品」を検討/活用基本方針を策定へ

【オンライン診療検討会】初診からに「適さない症状・医薬品」を検討/活用基本方針を策定へ

【2021.07.01配信】厚生労働省は6月30日、「第16回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」を開いた。規制改革実施計画で初診からの解禁が記載されたことを受け、初診時の手順詳細を詰める方針。日本医学会連合からは外傷や急性期症状などの「オンライン診療の初診に適さない症状」をまとめた提言が公表されており、これらを参考に今後、「初診からのオンライン診療に適さない症状・医薬品等」の検討を進める考え。「オンライン診療の更なる活用に向けた基本方針の策定」を進める。


検討会委員に日本薬剤師会は含まれていない

 規制改革実施計画では、オンライン診療の初診解禁については、かかりつけ医を原則とするとしつつも、かかりつけ医以外であっても過去の診療録の確認など、患者の状態が把握できる場合にも認める方針を示していた。

 さらには、過去に診療記録がない健康な人の場合、現在の状況等が「やりとり」の中で確認できる場合にも認めるとしていた。
https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000799588.pdf

 こうした実施計画を受けて、同検討会では初診での条件をさらに詰める方針。例えば、過去の診療情報等を確認できる「医学的情報」とは何を指すのか。さらには、「やりとり」には、どのような項目が必要かを議論する必要がある。

 また、同検討会の開催に先駆けて、日本医学会連合から「オンライン診療の初診に関する提⾔」が公表されており、この中で、例えば外傷や急性期症状などの「オンライン診療の初診に適さない症状」が診療科ごとに挙げられている。
https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000799589.pdf
 検討会では、この提言を取り上げるべきとの意見も出されており、こうした専門家からの意見を参考に議論が進められる方向。
 「初診からのオンライン診療に適さない症状・医薬品等」を検討するとした。

 実施計画に記載の「オンライン診療の更なる活用に向けた基本方針の策定」を進める。

 検討会ではルールが守られていないケースへの対応を求める声も強く、自費診療での不適切事例、研修未修了医師による実施、美容医療での不適切な広告等への行政の対応についても検討される予定。


 これら不適切事例の対応の一環としても「処方できる医薬品に一定の制限を加える必要はあるのではないか」との意見があり、「初診に適さない医薬品」の整理も進みそうだ。

 前出の日本医学会連合の提言の中では、「オンライン診療の初診での投与について⼗分な検討が必要な薬剤」もまとめられており、以下を列記している。

<病原微⽣物に対する薬剤>
・ 抗菌薬
・ 抗真菌薬
・ 抗ウイルス薬と抗ウイルス療法薬
・ 抗寄⽣⾍薬
・ 予防接種⽤薬
<抗悪性腫瘍薬>
全て
<炎症・免疫・アレルギーに対する薬>
・ 副腎ステロイド薬
・ 鎮痛薬(プレガバリン:リリカ、ミロガバリンベシル酸塩:タリージェは処⽅しない。他は可とする)
・ 抗アレルギー薬(薬局にて販売されている抗アレルギー剤は可とする)
・ 免疫調節薬
・ 免疫抑制薬
・ 抗リウマチ薬
・ ⽣物学的製剤
・ JAK 阻害薬
・ 標準化スギ花粉エキス
・ 標準化スギ花粉エキス
・ ダニエキス
<代謝系に作⽤する薬>
・ 糖尿病治療薬
・ 脂質異常症(⾼脂⾎症)治療薬(トコフェロールニコチン酸エステル:ユベラ N は可とする)
・ 痛⾵・⾼尿酸⾎症治療薬
<内分泌系薬剤>
・ 全てのホルモン製剤(緊急避妊薬(レボノルゲストレル:ノルレボ)は性交後72時間以内に服⽤しなければならないため、状況に応じてオンラインでの初診診療の適応となりうる)
<ビタミン製剤、輸液・栄養製剤>
・ 輸液・栄養製剤
<⾎液製剤、⾎液系に作⽤する薬剤>
・ ⾎液製剤
・ 造⾎剤
・ ⽌⾎剤(トラネキサム酸:トランサミンは可とする)
・ 抗⾎栓薬
<循環器系に作⽤する薬剤>
・ 抗不整脈薬
・ ジギタリス製剤
・ アゾセミド
<呼吸器系に作⽤する薬剤>
・ 気管⽀喘息治療薬・COPD 治療薬
・ 気管⽀喘息治療薬・COPD 治療薬を含む吸⼊薬
・ (但し、ホクナリンテープ(ツロブテロール貼付剤)は可能:⼩児科との協議も必要)
・ 呼吸障害改善薬:呼吸抑制拮抗薬:⿇薬拮抗薬・呼吸中枢刺激薬
・ ⿇薬系の鎮咳薬
・ 抗線維化薬
<消化器系に作⽤する薬剤>
・ 肝疾患治療薬
・ 胆道疾患治療薬
・ 膵疾患治療薬
<神経系に作⽤する薬剤>
・ ⿇薬類
・ パーキンソン病治療薬
・ 脳卒中治療薬(脳梗塞治療薬)
・ 神経難病治療薬(⾃律神経作⽤薬)
・ ⽚頭痛薬
・ 筋弛緩薬(アロフトやミオナールのような中枢性筋弛緩薬は可とする)
<腎・泌尿器系薬剤>
・ 頻尿・過活動膀胱治療薬のうち抗コリン薬
<眼科系薬剤>
・ 副腎⽪質ステロイド(点眼)
・ 散瞳薬(アトロピン点眼液、トロピカミド・フェニレフリン塩酸塩点眼液
など)
・ 抗緑内障薬
・ 抗微⽣物薬(点眼)
<⽿⿐咽喉科系薬剤>
・ 副腎⽪質ステロイド(点⿐)
・ 抗微⽣物薬(⽿科⽤)
・ ⾆下免疫初回(シダキュア・ミティキュア・アシテア初回量)
<⽪膚科系薬剤>
・ ステロイド外⽤薬(very strong 以上)
・ アトピー性⽪膚炎治療薬
・ ⽩斑治療薬
・ ⾓化症・乾癬治療薬(単なる「⾓化症治療薬」は含まない)
・ ハンセン病治療薬
・ その他(フェノトリン、イミキモド、プロプラノロール塩酸塩、ソフピロ
ニウム臭化物)
<精神系薬剤>
・ 向精神薬(厚⽣労働省が定めた本件に関する講義を受講した医師及び精
神保健指定医もしくは精神科専⾨医は処⽅可)
・ クロザリル
・ コンサータ
・ ビバンセ
・ モディオダール
・ リタリン
・ ⿇薬及び向精神薬取締法に関するベンゾジアゼピンを含めた薬剤


 日本医学会連合では、これらのリストに関して、「⼀律に初診処⽅不可とすることを⽬的とするものではなく、担当医は個々の患者さんの状態によって柔軟に対応する必要がある」としている。

 なお、同検討会の委員に日本薬剤師会は含まれていない。

この記事のライター

関連するキーワード


オンライン診療

関連する投稿


【中医協】オンライン診療の評価、対面の9割水準か/対面診療との「適切な組み合わせ」で決着

【中医協】オンライン診療の評価、対面の9割水準か/対面診療との「適切な組み合わせ」で決着

【2022.01.26配信】厚生労働省は中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、2022年度診療報酬改定について「個別改定項目」を提示した。オンライン診療の要件や評価基準に関して、診療側と支払側の意見の溝が大きかったため、公益側から裁定案が提示され、了承された。オンライン診療の評価に関しては、「特例対応」初診料 214 点と「対面診療」初診料288 点の「中間程度」とされ、「対面」の9割程度の評価となることが見込まれる。時間・距離要件や実施割合の上限は撤廃する方針。一方、「指針」にも「対面診療を適切に組み合わせて行うことが求められる」とされていることから、「保険医療機関において、対面診療を提供できる体制を有すること」とする。


【規制改革推進会議】オンライン診療・服薬指導の中間とりまとめ公表/「受診から薬剤の受領までの一連の過程をオンラインで完結できるように」と明記

【規制改革推進会議】オンライン診療・服薬指導の中間とりまとめ公表/「受診から薬剤の受領までの一連の過程をオンラインで完結できるように」と明記

【2021.12.22配信】規制改革推進会議が12月22日に開かれ、中間とりまとめとなる「当面の規制改革の実施事項」を決定し、公表した。この中でオンライン診療・服薬指導について方針を明記した。「受診から薬剤の受領までの一連の過程をオンラインで完結できるように」と明記。「疾患や患者の状態によっては、オンライン診療のみで診療が完結する場合があることを指針等で明確化すること」ともした。同日午前中に開かれた中医協の議論とは異なった見解も示されており、診療報酬改定も迫る中、注目される。今回の実施事項では「指針」の改定を求めており、どのタイミングで診療報酬に反映されるかは見えづらいが、事務局は指針だけでなく改正案に入れ込む方向との認識を示した。


【オンライン服薬指導】牧島大臣へ提言書手交へ/日本医療ベンチャー協会/「厚労省案は後退」と記載

【オンライン服薬指導】牧島大臣へ提言書手交へ/日本医療ベンチャー協会/「厚労省案は後退」と記載

【2021.12.17配信】一般社団法人日本医療ベンチャー協会は12月17日夜、「オンライン診療」および「オンライン服薬指導」に関する提言書を牧島かれん内閣府特命担当大臣(規制改革)に手交する予定だ。このうち、オンライン服薬指導に関する提言に関しては12月16日に公表しており、パブコメ中の厚労省案に対して「現在の厚労省が提⽰するオンライン服薬指導に関する改正案はオンライン推進から後退する内容」と記載。特例措置にあった処方箋をFAX等でやりとりできることの継続のほか、調剤報酬上の「1割以下とする制限」の撤廃などを求めている。


【規制改革会議】オンライン服薬指導「薬剤師は自宅からでもいいのか」提言/厚労省「今秋にパブコメ実施」

【規制改革会議】オンライン服薬指導「薬剤師は自宅からでもいいのか」提言/厚労省「今秋にパブコメ実施」

【2021.09.10配信】内閣府は9月10日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキング・グループ(第1回)」を開き、オンライン診療・服薬指導検討の進捗状況について、厚労省からヒアリングした。その中で、規制改革推進会議の委員からは、「オンライン服薬指導を行う場所は、薬局内だけでなく薬剤師の自宅等でもよいのか」といった質問が出たという。薬剤師の柔軟な働き方につながる可能性もある。


【オンライン診療システム】新生堂薬局、ハイブリッド型の「アナムネ」と提携/86店舗で

【オンライン診療システム】新生堂薬局、ハイブリッド型の「アナムネ」と提携/86店舗で

【2021.07.30配信】新生堂薬局(本社:福岡市南区/代表取締役社長 水田怜氏)は、2021年7月20日よりアナムネ社のオンライン診療プラットフォーム「Anamneオンライン診療プラットフォーム」と連携する。新生堂薬局の全国86店舗で連携する。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング